入学式前の3/29に新入生向け特別オリエンテーション『TOGAKU教養』を実施--学びのコミュニティづくりを大学がサポート|The大学Times

入学式前の3/29に新入生向け特別オリエンテーション『TOGAKU教養』を実施--学びのコミュニティづくりを大学がサポート大学通信 2018.3.30



入学前から学びのコミュニティづくり、友人づくりをサポート
 『TOGAKU教養』は、入学予定者に大学での学びの楽しさに気づき、新入生にとって最初の壁となりやすいコミュニティづくり、友人づくりのきっかけを掴んでもらうことを目的としています。
 
 学部ごとに実施されたこのイベントには、入学予定者661名が参加。大学生活における学ぶことの楽しさや主体的に関わることの重要性を知ってもらうため、グループに分かれての自己紹介や、絵を使ったコミュニケーション、インタビュー形式での対話などのワークを行い、大学の授業を一足早く体験しながら、交流を深めました。

 また、『TOGAKU教養』には入学予定者をサポートする先輩として、『キャリアのススメ』で活躍している学生ファシリテーターが参加。9名の在学生が入学予定者からの質問に答えたり、より積極的にワークに参加できるよう声かけをして手助けしたりと、先輩としてサポートを行いました。


■新入生の不安解消に向け、2015年より開催
 本学が毎年実施している新入生対象のアンケート調査の結果、入学時に「大学での勉強」とならんで「友人づくり」への不安を感じている学生が多いということがわかりました。そのため、大学として、『学びのコミュニティづくり』への早期のサポートが必要と考え、入学前の特別オリエンテーションを2015年より導入、今年が4回目の開催となりました。

 
 『TOGAKU教養』を主催した、教養教育センター長の宮園久栄教授は「新入生の中には高校時代もしくはそれ以前に、勉強や友達関係で何らかのつまづきを経験した学生も少なくない。大学が、入学前に学びへの不安をなくし、友人づくりのきっかけとなるような『学びのコミュニティづくり』の機会を提供することで、入学時にはすでに大学に居場所がある、と感じられるような状態をつくることが重要だと考えている。それが入学後の主体的な学びにつながることを期待している。」とコメントしています。




『キャリアのススメ』とは:
グループワークや対話を多く取り入れたスタイルで行われる1年次科目。自己分析や社会調査の練習、
課題解決型グループワーク、社会で  活躍する卒業生の話を聴くことなどから、将来のキャリア
プランを見据えて今後の学生生活を充実させるための多彩な取り組みを行ってる。2015年に全学部
共通科目として設置され、学生からの人気を集めている授業のひとつ。

『学生ファシリテーター』とは:
『キャリアのススメ』において、下級生のサポートをする上級生のこと。授業では、研修を受けた
学生ファシリテーターが授業に入り、グループワークの場づくりや個々の学生への声かけなどを行い、
教員と対等な立場で授業を運営している。




▼本件に関する問い合わせ先
東洋学園大学 広報室
担当:木村、清水
住所:東京都文京区本郷1-26-3
TEL:03-3811-1783
FAX:03-3811-5176
メール:koho@of.tyg.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

IMG_3041_ho.jpg

IMG_3011_ho.jpg

IMG_3873.JPG

IMG_3797ho.JPG

2018329_新入生サポート企画プレスリリース.pdf