特別展示&講演会・シンポジウム反戦・平等論者 校友安藤正楽と明治法律学校|The大学Times

特別展示&講演会・シンポジウム反戦・平等論者 校友安藤正楽と明治法律学校@Press 2018.4.9

明治大学史資料センター、明治大学図書館、四国中央市教育委員会、暁雨館(四国中央市)共同事業として、4月29日(日)〜5月15日(火)の日程で特別展示「反戦・平等論者 校友安藤正楽と明治法律学校」を開催いたします。4月29日には、展示と連動した同名講演会・シンポジウムも開催いたします。

安藤正楽(あんどう・せいがく1866-1953)は、明治法律学校(現明治大学)で国際法を学び、のち愛媛県宇摩郡(現四国中央市)を拠点として、当時一級の知識人や芸術家と交流を深めながら反戦・平等を訴えた文人思想家・歴史家です。1907年(明治40)建立の日露戦争戦役記念碑撰文に、正楽は戦争の過ちを批判して「忠君愛国の四字を滅するにあり」と寄せました。その碑文は問題視されて全体が削り取られ、現在も「顔のない碑」として残されています。

展示・講演会では、正楽の貴重な論考や書画を通して、その思想の淵源を辿るとともに、正楽が学んだ明治法律学校とその時代を紹介し、正楽の訴えた反戦・平等思想の現代的意義について考えます。

特別展示 反戦・平等論者 校友安藤正楽と明治法律学校
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/154079/table_154079_1.jpg


講演会・シンポジウム 反戦・平等論者 校友安藤正楽と明治法律学校
表2: https://www.atpress.ne.jp/releases/154079/table_154079_2.jpg




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press