活動盛んな「カレー研究会」/大手前大学健康栄養学部、食品メーカーとレトルトカレーを開発|The大学Times

活動盛んな「カレー研究会」/大手前大学健康栄養学部、食品メーカーとレトルトカレーを開発大学通信 2018.4.18

 カレーで使われるスパイスは漢方薬でもあり、さまざまな食材を組み合わせることで栄養バランスも優れています。管理栄養士をめざしている学生たちの研究テーマとして、最適な題材です。

 研究会には約20人の学生研究員が在籍しており、研究員は毎年チームを組んでカレーを考案。教員の厳しい試食審査を経て絞られたオリジナルカレーを学園祭で毎年販売しています。

 2016年11月実施の学園祭「大手前祭」で人気投票一位となった「牛すじ酒粕カレー」は、2017年にレトルトカレーとしての開発が決定。大阪市内に本社を置く食品メーカー「ハチ食品株式会社」とタッグを組んで、研究員が同社の開発部門担当者との意見交換や試食を重ね、レシピを開発しました。

 またレトルトカレーのパッケージデザイン制作は、メディア・芸術学部の学生たちが授業課題として取り組みました。印刷会社のデザイン担当者らを審査員に迎え、プレゼンテーションを実施しデザインが決定。大学全体となってレトルトカレー製造への取り組みを進めました。

 レトルトカレーはノベルティグッズとして商品化し、2017年秋以降のオープンキャンパスや進学ガイダンスなどで高校生、関係者に配布しています。


 研究会発足後3年目となる今年度の活動は、第二弾となるレトルトカレーの製造を検討するなど、研究員たちの活動はまだまだ続いていきます。

▼本件に関する問い合わせ先
アドミッションズ オフィス 学園広報
藤本 ・ 山本
住所:〒662-8552 兵庫県西宮市御茶家所町6-42
TEL:0798-36-2532
FAX:0798-23-4865
メール:koho@otemae.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

表面.jpg

_A3I1842.jpg

_MG_4120.jpg