e-テキスタイル技術とIoTを用いたスマートシューズで活動量や歩き方の変化を検知し、健康寿命の延伸に活かす。地域高齢者の健康と見守りを支援するモニタリングシステムの研究開発を産学連携で開始します。 -- 金沢工業大学|The大学Times

e-テキスタイル技術とIoTを用いたスマートシューズで活動量や歩き方の変化を検知し、健康寿命の延伸に活かす。地域高齢者の健康と見守りを支援するモニタリングシステムの研究開発を産学連携で開始します。 -- 金沢工業大学大学通信 2018.5.22

・研究代表者:金沢工業大学修学基礎教育課程 佐藤進教授(専門:健康科学)
・参画機関:金沢工業大学情報工学科河並崇研究室、ミテネインターネット株式会社(福井市)、福井県工業技術センター、株式会社金沢エンジニアリングシステムズ(金沢市)

 本取り組みでは、靴の中敷に装着したテキスタイルセンサーを通じて歩行時の特徴を検出するウェアラブルな歩容センサーを開発します。さらに歩容センサーとクラウドシステムを連携させることで高齢者に対する健康支援と、家族や自治体などよる見守り支援機能を有するICTシステムインフラの構築を目指します。
 これにより、高齢化や過疎化が進む山間部の高齢者の健康寿命の延伸と、外出機会の増加に伴う認知症予防や骨粗鬆症予防が期待されます。


【本取り組みの詳細】
 超高齢化社会が進行し、わが国が目指すべき高齢者の健康観が「活動的な85歳」へとシフトする中、転倒予防や要介護・寝たきり予防、ロコモティブシンドローム(運動器の障害による移動機能の低下)予防、老衰や筋力低下などの虚弱予防といった、健康寿命の延伸を目的としたさまざまな施策が実施されています。しかしながら、その多くは転倒予防教室や介護予防教室といった施設通所型のアプローチであるため、自治体が地域の高齢者全体に展開するには人的な面や経済的コストの面で限界があります。

 このたび総務省の事業に選定された「e-テキスタイル技術を用いた歩容センサークラウドシステムの研究開発」は、近年進歩してきたICTやIoT向けの無線通信技術である「LPWA」(Low Power Wide Area)等の先端技術を活用して、日常生活の中で自然な形で無理なくデータを収集するモニタリング型・センサー型アプローチにより、健康寿命の延伸を目指すものです。また、高齢者の行動範囲の広さや身体活動量の多さは認知機能の低下と密接な関係があり、日光浴時間と運動量は骨密度や骨量の保持とも関係していることから、本取り組みにより高齢者の身体活動量の増加や外出機会の増加を促進できれば、多くの地域住民の認知症予防や骨粗鬆症予防への効果も期待できます。

 研究グループでは、織物の圧縮特性を利用して歩行時の圧力を電気信号として検知するテキスタイルセンサーを靴の中敷に装着することで、歩行の特徴から高齢者の老化度や疲労度、歩行年齢などを測定できるウェアラブルな歩容センサーを開発します。さらに歩容センサーとクラウドシステムを連携させることで、高齢化・過疎化が進む山間部の高齢者に対する健康支援と、遠隔地に居住する家族や自治体などよる見守り支援機能を有するICTシステムインフラの構築を目指します。

 本取り組みは、金沢工業大学が今年4月に開設した白山麓キャンパスを実証試験の環境として、研究開発を進めます。白山麓キャンパスは、研究活動で生み出されたさまざまな技術シーズを社会実装するための実証実験キャンパスとして開設されたもので、産学連携の技術移転におけるいわゆる「死の谷」を越えるために活用されます。
 白山麓キャンパスでは、企業との共同開発のための環境設備としてNTTドコモ社のLPWAサービスLoRa基地局を既に設置しており、本取り組みにおいてもこの環境が要となります。



 高齢者世帯や独居高齢者が増加する一方で、それを支える人的・財政的資源に問題を抱える自治体が急増する中、本取り組みが地方における新たな健康支援・見守りのモデルになることが期待されています。

 金沢工業大学は、国連全加盟国が「誰一人取り残さない」を理念に合意した、世界を変えるための17の目標である「SDGs」の達成に貢献する社会実装型教育研究を全学的に推進しています。本取り組みもSDGsの目標の一つである「すべての人に健康と福祉を」に対して寄与できるものと考えています。

▼本件に関する問い合わせ先
広報課
住所:石川県野々市市扇が丘7-1
TEL:076-246-4784
FAX:076-248-7318
メール:koho@kanazawa-it.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

2.jpg

3.jpg