多様なバックグラウンドをもつ学生が学びあうキャンパスへの取り組み -- 創価大学|The大学Times

多様なバックグラウンドをもつ学生が学びあうキャンパスへの取り組み -- 創価大学大学通信 2018.6.29

■出張オープンキャンパスの開催(大阪・横浜)
 2017年度は4月にあべのハルカス(大阪市阿倍野区)で出張オープンキャンパスを開催し、小中高校生やその保護者など約1,200名が参加した。また、2018年3月にはパシフィコ横浜(横浜市西区)で同イベントを開催し、約900名が来場。『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の著者・坪田信貴氏による特別講演のほか、模擬授業、入試ガイダンス、寮生活・奨学金などの相談コーナー、学部別相談コーナー等を設けた。

■給付型の奨学金「創価大学創友給付奨学金」を実施
 学生の経済的支援を入学前に確約する奨学金。地元を離れて学ぶ学生を中心に、入学後も学業に安心して打ち込めるよう経済支援することを目的としている。採用者は4年間の授業料・教育充実費が半額に減額される。毎年8月下旬から10月中旬に申請を受け付け、11月中旬に採用候補者を決定する。
https://www.soka.ac.jp/campuslife/scholarship/
・(参考)創価大学が、入学前に予約できる「創友給付奨学金」を新設――入学金と授業料・施設設備費の半額を4年間給付(2010.07.24)
 https://www.u-presscenter.jp/2010/07/post-28328.html

■国際学生寮を含む学生寮の充実
 日本各地から学生が集う創価大学では、新入生の約6割が学生寮で生活している。地方から進学する学生を経済面からサポートするとともに、共同生活を通して協調性や自主性等を育む教育的な役割も担っている。
 2017年度には国際学生寮「滝山国際寮(男子)」と「万葉国際寮(女子)」がオープン。また、寮内での異文化交流を通して相互理解を深めながら、国際的に活躍できる人材の輩出に取り組んでいる。
https://www.soka.ac.jp/campuslife/dormitory/
・(参考)創価大学が新学生寮「滝山国際寮」と「万葉国際寮」をオープン -- 創立45周年事業の一環として建設(2017.03.29)
 https://www.u-presscenter.jp/2017/03/post-37095.html

■地方Uターン就職希望者への進路・就職活動支援
 地方から進学した学生のUターン(Iターン)就職支援を目的に、各自治体と就職支援に関する協定締結を推進。2018年6月現在、栃木県や大阪府、札幌市など8府県1市と就職支援協定を締結している。
 このほか、企業の選考試験、公務員・教員採用試験を地方で受験する際、交通費の一部を補助する地方Uターン就職支援制度なども設け、Uターン就職希望者の支援を促進している。
・「岡山県と創価大学および創価女子短期大学との就職支援に関する協定書」を締結しました
 https://www.soka.ac.jp/news/2018/01/2662/
・支援制度(創価大学キャリアセンター)
 http://career.soka.ac.jp/c_shien.html


▼本件に関する問い合わせ先
創価大学 企画部企画広報課
住所:東京都八王子市丹木町1-236
TEL:042-691-9442
FAX:042-691-9300
メール:publicrelation@soka.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

?SOKA UNIV_18.JPG

DSC01013.JPG