トランプ大統領と金正恩委員長の思惑は?神奈川大学 国際シンポジウム 「米朝首脳会談とは何だったのか?」開催|The大学Times

トランプ大統領と金正恩委員長の思惑は?神奈川大学 国際シンポジウム 「米朝首脳会談とは何だったのか?」開催大学通信 2018.7.3

神奈川大学 国際シンポジウム
米朝首脳会談とは何だったのか?【日韓同時通訳】

劇的な演出の一方で簡潔な内容の共同声明にとどまった「米朝首脳会談」。北朝鮮に非核化を促すため、米国が今後どのように安全を保証するのか、米韓軍事演習の停止、朝鮮戦争の終結宣言などに韓国、日本はいかに対応するのか。
韓国政府で国家安保室高官・六者協議首席代表をつとめた趙太庸氏、前防衛審議官の徳地秀士氏をはじめ、朝鮮半島・北東アジア情勢に精通し、政府に助言する元高官、研究者を招き今後の展望を討論する。



【シンポジウム概要】
米朝首脳会談とは何だったのか?
日時:2018年7月9日(月) 13:30〜17:00
場所:横浜キャンパスセレストホール(16号館)
内容:
【来賓祝辞】13:30〜13:40 李 明烈 氏 (駐横浜大韓民国総領事)
【第1部】13:40〜15:10
テーマ:「2018年に朝鮮半島をめぐり激変した国際環境を分析する」
報告者:全 在晟 氏(ソウル大学校教授)、森 聡 氏 (法政大学教授)
討論者:曺 良鉉 氏(国立外交院外交安保研究所教授)、平井 久志 氏(共同通信客員論説委員)
座長:西野 純也 氏(慶應義塾大学現代韓国研究センター長、同法学部教授)
【第2部】15:25〜16:55
テーマ:「今後の北東アジアを展望する」
報告者:李 貞澈 氏(崇實大学校副教授)
徳地 秀士 氏(政策研究大学院大学シニア・フェロー、元防衛審議官)
討論者:趙 太庸 氏(6者会合次席代表・首席代表、駐オーストラリア大使、外交部第1次官、青瓦台国家安保室第1次長を歴任)
小此木 政夫 氏(慶應義塾大学法学部名誉教授)
座長:佐橋 亮(神奈川大学アジア研究センター所長、同法学部教授)


主催:神奈川大学アジア研究センター・慶應義塾大学東アジア研究所現代韓国研究センター 
共催:韓国国際交流財団  後援:駐横浜大韓民国総領事館

▼本件に関する問い合わせ先
神奈川大学 アジア研究センター 
鈴木 (所長:佐橋 亮 法学部教授)
TEL:045-481-5661
メール:info-asian@kanagawa-u.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

米朝首脳会談とは何だったのか?