明治大学会計専門職研究科 小学生夏休み社会教室2018小学生のための経営学講座「“働く”ことの大切さを考える -こどもたちのための“働き方改革”入門-」|The大学Times

明治大学会計専門職研究科 小学生夏休み社会教室2018小学生のための経営学講座「“働く”ことの大切さを考える -こどもたちのための“働き方改革”入門-」@Press 2018.7.6

明治大学会計専門職研究科は8月1日(水)に、小学生夏休み社会教室2018 小学生のための経営学講座「“働く”ことの大切さを考える -こどもたちのための“働き方改革”入門-」を駿河台キャンパスで開催いたします。
本講座では、小学生が現代社会の“いま”を知ることで、現代社会におけるさまざまな問題や課題について理解してもらえることを目的としており、今回は“働く”ことの意義や大切さについて学びます。

小学生のための経営学講座
「“働く”ことの大切さを考える -こどもたちのための“働き方改革”入門-」

日時:2018年8月1日(水)10:30〜12:00
場所:明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン9階309A教室
対象:小学生(保護者の方もご一緒に参加できます。
同伴の未就学のお子様も入場いただけます。)
定員:50名(先着順)
予約方法:以下のメールアドレスへ、表題を「小学生夏休み社会教室申込み」とし、本文に1〜5の情報を入力し、お申込みください。
メールアドレス:kaikei@mics.meiji.ac.jp
1.お子様の漢字氏名および読み仮名
2.お子様の学年
3.保護者様の漢字氏名および読み仮名
4.ご住所
5.連絡先(携帯電話番号可)
※提出していただいた個人情報は、本講座以外の目的では利用いたしません


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press