学生主体で食品ロス対策として''かりんとう''を開発 -- 帝京平成大学|The大学Times

学生主体で食品ロス対策として''かりんとう''を開発 -- 帝京平成大学大学通信 2018.8.21

帝京平成大学 健康メディカル学部 健康栄養学科の学生が食品ロス問題の対策として、''かりんとう''を開発。「食品ロス」とは食べられる状態であるにもかかわらず、捨てられている食品のこと。この課題を考えるチーム「もったいないプラス」を立ち上げ、商品開発を行った。学生が主体となってレシピを調整しながら何度も試食を行い、ディスカッションを繰り返し栄養価や味などを検討した。

人員や製造機器のキャパシティ等を考慮したり、マーケティングの視点から商品を考えたりと、実際の商品開発における視点で開発を行った。

環境にも健康にもうれしいかりんとう、「焙煎ふすまかりんとう」が完成した。

このかりんとうは当大学のオープンキャンパス参加者などに配布され、食べた人達にチームもったいないプラスの想いが届いた。


商品開発の詳細は下記リンク参照。

●関連リンク
もったいないプラス特設
http://www.thu.ac.jp/pickup/mottainai.html

健康栄養学科
http://www.thu.ac.jp/univ/health_medical/ha_index.html




●本件に関するお問い合わせ
帝京平成大学 池袋キャンパス 入試課 TEL:03-5843-3200





●学びたい学科がある。実学の総合大学。
帝京平成大学HP
http://www.thu.ac.jp/ 
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

180627-01.jpg

かりんとう制作_01.jpg

工場見学_09.jpg