工学院大学新宿キャンパスがショートフィルム上映の映画館になる2日間|The大学Times

工学院大学新宿キャンパスがショートフィルム上映の映画館になる2日間@Press 2018.9.28

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、高層キャンパスを構える西新宿エリアで開催される「西新宿超高層ビル SHORT SHORTS シアター」に大学施設を開放し、ショートフィルム上映の映画館として会場協力します。このイベントは、歩道などの公共空間などを活かした新たな賑わいの創出と空間活用拡大の社会実験と位置づけ、国家戦略道路占用事業「Shinjuku Share Lounge 2018」として開催されます。


様々なショートフィルムを上映


■本件のポイント
・西新宿エリアに高層キャンパスを構える工学院大学が、10月4日(木)・5日(金)に大学施設を開放し「西新宿超高層ビル SHORT SHORTS シアター」のショートフィルムを上映します。
・「西新宿超高層ビル SHORT SHORTS シアター」では期間中、西新宿エリア6か所(工学院大学を含む)に設けられた特設シアターで、世界各国の映画賞受賞作品や若手の注目作品など、多彩なプログラムを楽しむことができます。
・工学院大学では、キャンパスを置く近隣地域との関係を大切に考え、積極的に地域貢献活動に取り組んでいます。


■本件の概要
工学院大学は、Shinjuku Share Lounge 2018 実行委員会が開催する「西新宿超高層ビル SHORT SHORTS シアター」に賛同し、新たな賑わい創出に向けた社会実験に協力します。同イベントの開催期間中、新宿キャンパス1階アトリウムを含む西新宿エリア6か所に設けられた特設シアターで、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」が厳選した世界各国の映画賞受賞作品や、若手の注目作品など、多彩なプログラムを上映します。

工学院大学では、キャンパスを構える近隣地域との関係を大切に考え、新宿区と2016年に八王子市とは2015年に包括連携協定を締結し、連携強化に努めています。今回の会場協力をはじめ、新宿駅周辺地域と連携した防災・減災活動など、地域と世界に開かれた大学として地域貢献活動にも取り組んでいます。


■「西新宿超高層ビル SHORT SHORTS シアター」概要
主催 :Shinjuku Share Lounge 2018実行委員会、
一般社団法人新宿副都心エリア環境改善委員会
開催期間:2018年10月2日(火)〜6日(土)
開催場所:工学院大学、他5会場
入場料金:無料
その他 :上映時間は会場毎に異なります。
詳細は公式ホームページでご確認ください。

「西新宿超高層ビル SHORT SHORTS シアター」
http://welcometoshinjuku.jp/sharelounge/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press