フットサル部の橋野司選手がFリーグ特別指定選手に認定|The大学Times

フットサル部の橋野司選手がFリーグ特別指定選手に認定大学通信 2018.10.31

大阪成蹊大学フットサル部に所属する橋野司(はしの つかさ)選手が、Fリーグの特別指定選手に認定されました。今後は大学に在籍したまま、Fリーグ「バサジィ大分」の選手として試合に出場することが可能になります。


橋野選手は、岡山県 作陽高校出身で、現在大阪成蹊大学マネジメント学部スポーツマネジメント学科の3年生。同学フットサル部ではゴールキーパーとして活躍する主力選手です。
今回の特別指定選手認定を受け、「卒業後はFリーグでプレーしたいと思っていましたが、3年生のこの時期にオファーが来るとは正直思っていませんでした。」と驚きをあらわにしつつ、
「ゴールキーパーですので、最後までボールにくらいついて、簡単にはゴールを割らせないことを強く意識したプレーをしたいと思います。バサジィ大分でのプレーで、大学生でもトップリーグでこれだけ出来るんだ、というところを見せたいですし、大学フットサルに注目していただけるようにがんばりたいです。応援よろしくお願いします。」と意気込みを語りました。  


※特別指定選手制度とは、フットサル選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を越え、「個人の能力に応じた環境」を提供することを目的とする制度です。Fクラブ以外の公益財団法人日本サッカー協会フットサル加盟登録選手を対象に、日本サッカー協会が認定した選手に限り、所属チーム登録のままFリーグ等の試合に出場可能となります。


▼本件に関する問い合わせ先
広報企画本部
住所:大阪市東淀川区相川3-10-62
TEL:06-6829-2606
FAX:06-6829-2747
メール:kouhou@osaka-seikei.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

hashino.jpg