近畿大学×京都西川 新寝具シリーズを発表 生地に養殖ブリから抽出した「マリンコラーゲン」使用|The大学Times

近畿大学×京都西川 新寝具シリーズを発表 生地に養殖ブリから抽出した「マリンコラーゲン」使用大学通信 2018.11.2

【本件のポイント】
● 近畿大学が開発し、京都西川が製品化した、新ブランド「ミーネ(Miene)mc」を発表。寝具としては初の製品化となります。


● 養殖ブリから本学の独自の技術で抽出した「マリンコラーゲン」を使用している生地は抗菌性や、吸湿スピード、洗濯後のやわらかさ等がより向上され、環境への負荷が低い


● 夏用羽毛肌掛け布団、敷きパッド、枕パッド、タオルケット等の寝具に本生地を採用



【本件の概要】
近畿大学と株式会社京都西川は、平成30年(2018年)11月6日(火)に京都西川 本社会場で開催される「2019年ローズフェア」で、本学薬学部准教授多賀淳が研究開発した「マリンコラーゲン(魚皮由来のフルレングスコラーゲン)」を用いた新寝具ブランド「ミーネ(Miene)mc」の発表を行います。この新ブランドの生地に用いられている「マリンコラーゲン」は、養殖ブリから独自の方法で抽出された、近年注目の魚由来の海洋コラーゲンで、他のコラーゲンと比べて不純物が少なく、保湿性が高いことが特徴です。また、通常は捨てられてしまう養殖ブリの皮を有効活用することで、環境への負荷を軽減しています。新ブランド「ミーネ(Miene)mc」では、夏用羽毛肌掛け布団、敷きパッド、タオルケットといった様々な寝具を取り扱っており、全ての生地にこの「マリンコラーゲン」が採用されています。この新ブランドは春夏物として3月頃から発売予定です。

■ブランド名:ミーネ (Miene)mc
 製品価格:夏用羽毛肌掛け布団28,000円 敷きパッド10,000円 枕パッド4,000円 タオルケット10,000円(すべて税抜)
 場   所:株式会社京都西川 本社会場 「2019年ローズフェア」
 発 表 日時:平成30年(2018年)11月6日(火)9:00〜17:30


【株式会社京都西川】
商   号:株式会社 京都西川
所 在 地:京都府京都市下京区河原町通松原上る幸竹町385番地
代表取締役:高階壽史
設   立:昭和16年(1941年)12月12日
資 本 金:9億円
従業員数:233名
事業内容:羽毛・羊毛ふとん、毛布、家庭用医療機器ローズテクニー、寝装品、
インテリア繊維製品、その他寝装寝具全般の製造卸売並びに輸出入業

【マリンコラーゲンについて】
本製品に採用したコラーゲンは,魚皮由来 I型コラーゲンの立体構造を一部変化させることにより、より柔軟な構造をもった高分子量コラーゲン(フルレングスコラーゲン)です。化粧品原料としてよく用いられる一般的なI型コラーゲンと比較すると,保水力と柔軟性に優れていることから、天然素材等への親和性が高いのが特徴です。






▼本件に関する問い合わせ先
総務部広報室
住所:〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
TEL:06‐4307‐3007
FAX:06‐6727‐5288
メール:koho@kindai.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

1811Miene mc1.jpg