麻布大学いのちの博物館ワークショップ「フクロウの巣からネズミの骨を取り出す」|The大学Times

麻布大学いのちの博物館ワークショップ「フクロウの巣からネズミの骨を取り出す」大学通信 2018.11.8

 麻布大学いのちの博物館では、12月15日(土)ワークショップ「フクロウの巣からネズミの骨を取り出す」を開催します。


開催時間:午後1時から3時まで。
参加費:無料


申込み締め切りは12月11日(火)
先着24人。


 フクロウはネズミを食べることに特化した猛禽類です。
 麻布大学では八ヶ岳の地元の八ヶ岳自然クラブと共同で、フクロウの食べ物を調べるために、人工巣に残されたネズミの骨を取り出して、ネズミの種類を調べています。
 イベントでは骨の基礎を学びながら、分析を行います。興味のある人は是非ご参加ください。

▼本件に関する問い合わせ先
麻布大学いのちの博物館
TEL:042−850−252

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

ポスター.jpg