目白大学の学生たちが高齢者福祉施設で「第2回出張!文化祭」を開催 -- 神楽坂まち飛びフェスタ2018の出展企画|The大学Times

目白大学の学生たちが高齢者福祉施設で「第2回出張!文化祭」を開催 -- 神楽坂まち飛びフェスタ2018の出展企画大学通信 2018.11.7

 目白大学および同短期大学部は、高齢者福祉施設「神楽坂」を運営する社会福祉法人三篠会(法人所在地:広島県広島市)と2016年7月に包括連携協定を締結。これに基づいて、同施設の1階地域交流スペースを活用し、主にゼミ単位でのさまざまなミニイベントやワークショップなどを年間を通じて行っている。

 「出張!文化祭」はその一環として実施したもの。学園祭に来てもらうだけでなく、学園祭が出向いていくという発想で、大学と地域が連携し、「神楽坂」を拠点に施設利用者や地域の人々と交流、併せてまちの地域活性化に一役買いたいという企画として昨年から開催している。
 第2回となる今回も昨年の第1回と同様に、大がかりな地域連携イベントとして学部・学科の枠を超えて開催された。プログラムは、学生たちの研究発表、歌や踊りのパフォーマンスなどからなる「ステージ」と、パネル展示やワークショップなどの「ブース」で構成。会場装飾も手が込んでおり、コンパクトで手作り感のある文化祭を演出した。

 今回のステージプログラムでは、新企画の「エコアクションフォーラム2018」が注目を集めた。同大の「2018年度エコアクションプロジェクト」に企画が採択された6団体中5団体(児童教育学科の石田ゼミ、同学科の山本ゼミ、子ども学科の西山ゼミ、社会情報学科の藤巻ゼミ、地域社会学科の飛田ゼミ)が集結し、プロジェクトの活動内容や研究成果についてプレゼンテーションを実施。また各団体(各ゼミ)の代表者によるパネルトークでは、学生たちは司会者からの質問やフロアからの難しい質問に対してしっかりと応答していた。

 このほか、サークル・オレンジによる手話歌、人間福祉学科の矢島ゼミのスイッチゲーム、音楽研究会OBによる弾き語りライブ、そして子ども学科による歌と踊りのパフォーマンスなども来場者から好評で、ステージを盛り上げていた。

 一方ブースでは、石田ゼミ、山本ゼミ、飛田ゼミ、矢島ゼミ、西山ゼミがパネル展示やワークショップを実施。また、子ども学科のおかもとゼミによる壁装飾や舞台用作品の展示は来場者の目を引いていた。
 さらに、施設内喫茶室も同大新宿キャンパスの有志学生たちが担当。同大の学生たちは毎週日曜日にこの喫茶室を営業しており、この日も慣れた手つきで来場者の対応をしていた。

(参考)
目白大学・目白大学短期大学部が福祉分野で積極的に事業展開する社会福祉法人三篠会と包括連携協定を締結(2016.07.27)
https://www.u-presscenter.jp/2016/07/post-35883.html

▼本件に関する問い合わせ先
 目白大学地域連携・研究推進センター
 TEL: 03-5996-3121
 FAX: 03-5996-3238
 E-mail: com.center@mejiro.ac.jp
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

神楽坂2018 集合写真.jpg

神楽坂2018 プレゼン.jpg

神楽坂2018 パネルトーク.jpg

神楽坂2018 オレンジ.jpg

神楽坂2018 子ども学科.jpg

【修正】20181027_sdk.pdf