北海道科学大学が北海道科学大学高等学校との高大接続強化プロジェクトを展開 -- 高校1年生から大学で講義や調べ学習を行い、主体的・自律的なキャリアを育む|The大学Times

北海道科学大学が北海道科学大学高等学校との高大接続強化プロジェクトを展開 -- 高校1年生から大学で講義や調べ学習を行い、主体的・自律的なキャリアを育む大学通信 2018.11.15

 学校法人北海道科学大学は、グループ全体の教育目標として「+Professional」教育を掲げ、基盤能力と専門性を兼ね備えた社会に求められる人材を育成することを目指している。その入り口として、北海道科学大学高等学校では系列大学と連携し、大学に入ってさらに伸びる生徒、リーダーシップを発揮できる人材を育成する。

 その一環として北海道科学大学は、平成30年4月入学生から同校との高大接続教育を強化している。これまでも、職業観を醸成し、大学での学びをリアルに知るために高大連携授業を行ってきたが、さらに充実させる取り組みを展開。高校1年生から大学の講義を受講するほか、キャリアを育む学習や集団討論などを行う。これらの活動はポートフォリオに記録し、最終的には系列校推薦入試に活用する予定。
 また、大学のオープンキャンパスで特別プログラムを実施するとともに、現高校2年生を対象に探究活動をトライアルで実施する。

◆高大接続強化プロジェクト
【1年次(全員対象)】
 将来の職業観を醸成するためガイダンスを実施
 北海道科学大学のブランドビジョン、沿革、学部学科での学びと職業
 大学の学びに結びつくテーマを基に体験講座を実施
【2年次】
●前期:全員対象 探究活動(基礎)
 資質・能力中心(コンピテンシーベース)の学びを体験
 課題設定→情報収集→整理分析→表現成果
●後期:北海道科学大学入学希望者対象 探究活動(発展)
 大学の学びに結びつくテーマを基に、集団討論、実験実習を導入
 高校生の学びを大学教員、高校教諭で支援。さらには同大在学生によるサポート体制も構築。
【3年次(北海道科学大学入学希望者対象)】
 前期:スクーリングを実施。学部学科の詳細を説明 (カリキュラム、就職)。
 系列校推薦入試:今までの活動を蓄積したポートフォリオを活用。

(参考)
●本校の特長(北海道科学大学高等学校HP、高大連携について)
 https://hs.hus.ac.jp/tokucho/#tok-box-2


▼本件に関する問い合わせ先
入試・地域連携部
蔵野 雅行
住所:北海道札幌市手稲区前田7条15丁目4-1
TEL:011-676-8514
FAX:011-688-2392
メール:kurano@hus.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

高大接続改革プロジェクト.pdf