文教大学情報学部の学生が1年かけてアプリやコンテンツを開発 -- 最新の情報システム技術を使用したコンテンツ発表会|The大学Times

文教大学情報学部の学生が1年かけてアプリやコンテンツを開発 -- 最新の情報システム技術を使用したコンテンツ発表会大学通信 2018.12.4

本学情報学部情報システム学科では、所属する2〜3年生全員が、「プロジェクト演習」という、課題解決型の授業を受講します。この授業では、情報システムを活用した社会の問題解決のためのテーマを学生が自主的に設定し、5〜6人で1チームとなって、約1年を通して計画的にプロジェクトを進捗するものです。これまでこの授業で制作されるコンテンツの中には、「東京ゲームショウ」などのイベントに出展された作品もあります。

「プロジェクト演習発表会」では、学生グループが開発したデジタルコンテンツ等の成果物を各教室で発表し、来場者によるアンケートで優秀プロジェクトが選出されます。今年度は、33チームの発表があり、プロジェクトの特徴としては、企業や行政機関、小学校を対象とした情報システムの開発から、ドローンや、VR、各種センサーデバイスを利用した最先端のコンテンツの開発成果が展示されます。


詳細は以下のとおりです。

====================

文教大学情報学部情報システム学科主催
「プロジェクト演習合同発表会」

【日時】平成30年12月15日(土)10:30〜14:30
【会場】湘南キャンパス 3号館・7号館
【受付】4号館 1階(バスロータリーから降りてきて直進した塔の下)

【総合部門賞審査のお願い】
ご参加の皆様には、総合部門賞の審査をお願いいたします。受付で投票券をお渡ししますので、最も優れていると思われているチームを選んで投票を行ってください。

詳細は以下のご案内をご覧ください。
■プロジェクト演習発表会特設ページ
http://open.shonan.bunkyo.ac.jp/proen/about/abstract2018

====================


▼本件に関する問い合わせ先
文教大学学園経営企画局経営企画課広報担当
住所:東京都品川区旗の台3-2-17
TEL:03-3783-7511
FAX:03-3783-6109
メール:wcntct@bunkyo.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

20181204_bunkyo_project.png