第21回 神奈川大学全国高校生俳句大賞 選考結果について|The大学Times

第21回 神奈川大学全国高校生俳句大賞 選考結果について大学通信 2018.12.4

本学は、1998年に創立70周年を迎え、それを記念して全国の高校生を対象にした「神奈川大学全国高校生俳句大賞」を創設しました。
本賞は、日本の伝統芸術であり短詩型文学である「俳句」を通して、高校生に独自の感性で表現する機会を提供することで、高校生文化の発信に寄与することをめざしています。

【テーマ】あなたの感性で自由に綴ってください。
部活・友情・スポーツ・勉強・受験・恋愛・家族
......そして、自然・平和・政治・生命・宇宙

【賞】 最優秀賞(5作品)・入選(65作品)・団体優秀賞(3校)・団体奨励賞(3校)
【応募条件】 応募作品は、本人が創作した未発表の作品に限ります。
       三句で一作品です。三句に満たないものは無効となります。

【選考委員】
宇多喜代子 大串章 長谷川櫂 黛まどか 復本一郎(敬称略)

【応募総数】
11,022通 応募高校数220校(歴代1位)

【最優秀賞 (5作品)】(受付番号順・敬称略)
■東京都/開成高等学校1年 笹田 陽太(ささだ ようた)
花茣蓙に遥かなる海匂ひけり
当て布に母の縫ひ跡獺祭忌
鵙鳴くや空半分に暮れのいろ

■愛知県/名古屋高等学校3年 牛田 大貴(うしだ だいき)
教科書に奴隷の話大西日
地雷原よりくちなはの逃れ来ぬ
粛清に使はれた銃晩夏光

■和歌山県/向陽高等学校3年 花田 莉音(はなだ りおん)
鰯雲無口な父の絵文字かな
父の手の母に似てきて衣被
父の湯灌終へて父の林檎食ふ

■愛媛県/松山東高等学校2年 中山 寛太(なかやま かんた)
羊膜を引きずる仔牛春の月
食べられるために食べをる夏の牛
月涼しまだ腥き屠畜場

■熊本県/熊本高等学校3年 菊川 和奏(きくかわ わかな)
白鳥を眺む詩集を読むごとく
しやぼん玉はぜる天使が触れるから
水中花名もなき花として開く

【入選(65作品)】  
【団 体 賞】
*団体優秀賞(3校)―――岩手県/水沢高等学校
     東京都/立教池袋高等学校
     神奈川県/横浜翠嵐高等学校

*団体奨励賞(3校)―――東京都/国士舘高等学校
             神奈川県/大和東高等学校
            愛知県/古知野高等学校
【優秀作品集の出版】
『17音の青春―五七五で綴る高校生のメッセージ』を2019年3月出版予定

【シンポジウム・授賞式】
2019年3月10日(日)
12:00〜 神奈川大学横浜キャンパス16号館セレストホール

▼本件に関する問い合わせ先
神奈川大学 広報部広報事業課
安保(あんぼ)・田村・村井
TEL:045-481-5661

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

17音の青春2018(帯なし).jpg