学習院大学が12月13日に講演会「ジャック・リヴェットの映画における身体の演劇性」を開催|The大学Times

学習院大学が12月13日に講演会「ジャック・リヴェットの映画における身体の演劇性」を開催大学通信 2018.12.3

◆学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻主催講演会
【日 時】 12月13日(木)18:30〜20:00
【会 場】
 学習院大学 西5号館301教室
 (キャンパス案内はこちら⇒ http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html )
【演 題】 「ジャック・リヴェットの映画における身体の演劇性」
【言 語】 フランス語(通訳付き)
【講演者】 アンヌ=ガエール・サリオ
【逐次通訳】 ティエリ・マレ(学習院大学文学部教授)
【参加費】 無料
【予 約】 不要

○アンヌ=ガエール・サリオ
 デューク大学ロマンス諸言語研究学科准教授。オックスフォード大学博士。
 美学と文学の境界領域を研究。19世紀シュールレアリストの作品におけるテクストとイメージに焦点を当てた研究に始まり、近年ではイメージにおけるベンヤミンやブランショ、ドゥルーズやランシエールなどの哲学的方法論に関心をもち、フランスのヌーヴェルヴァーグ映画や映画理論を研究している。現在の関心はダンスと文学の関係性にもあり、フランスのモダンダンス、コンテンポラリーダンスにおける日本文化の受容に関する研究もある。
 著書にThe Drowned Muse: Casting The Unknown Woman of the Seine Across The Tides of Modernity(Oxford: Oxford University Press, 2015)がある。

▼講演会に関する問い合わせ先
 学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻
 TEL: 03-5992-1404



▼本件に関する問い合わせ先
学長室広報センター
TEL:03-5992-1008
FAX:03-5992-9246
メール:koho-off@gakushuin.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

poster_20181213.jpg

poster_20181213.pdf