「小郡市×福岡女学院大学 観光まちづくりを考えるシンポジウム」を実施!|The大学Times

「小郡市×福岡女学院大学 観光まちづくりを考えるシンポジウム」を実施!大学通信 2018.12.27

シンポジウム第1部では阿久戸光晴学長が『幸福を実感できる地域づくりのために』と題した基調講演を行いました。第2部では、「観光文化論B(観光まちづくり論)」を担当する片岡宏二講師をコーディネーターに、加地小郡市長、小郡市教育委員会文化財課の杉本様、阿久戸学長、そして「観光まちづくり論」を履修していた現代文化学科2年生3名をパネリストに『市民を幸せにする小郡市の観光まちづくり』と題したディスカッションが行われました。学生たちは、フィールドワークで訪れた小郡市の観光スポット(かえる寺、七夕神社、油屋など)に対する提案を発表。自分が住んでいる町との比較などから自分の意見を述べていました。

現代文化学科では、これまでも岡垣町や朝倉市など自治体と連携した観光まちづくり事業を行った実績があります。また、今回のシンポジウムのように、学内だけでは終わらない様々なかたちの講義が展開され、学生たちも主体的に取り組んでいます。



▼本件に関する問い合わせ先
福岡女学院大学 入試広報課
住所:福岡市南区曰佐3丁目42-1
TEL:092-575-2970
FAX:092-575-4456
メール:nyushi@fukujo.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

DSC02342__large.jpg

DSC02011__large.jpg

DSC02275__large.jpg