株式会社電通と包括協定を締結 -- スポーツを通じた地域活性化等を推進 -- 関東学院大学|The大学Times

株式会社電通と包括協定を締結 -- スポーツを通じた地域活性化等を推進 -- 関東学院大学大学通信 2019.1.7

 電通は、JR関内駅南口の横浜文化体育館および旧横浜総合高等学校の再整備事業者の一員として参画。総合建設会社や地元マスメディアと共同で、2024年までに「横浜ユナイテッドアリーナ」などの体育施設を建設する予定です。市民利用はもとより、大規模な大会やコンサートなどの興行利用にも対応したメインアリーナ施設と、横浜武道館としてサブアリーナ施設を整備し、横浜の新たなスポーツ振興の拠点を創造していきます。



 関東学院大学では、2022年にキャンパス再編の一環として、横浜市都心部の関内駅前に市民の交流拠点となる横浜・関内キャンパスを開設予定で、近隣の地方自治体や企業との連携強化をめざしています。横浜・関内キャンパスでは、学生だけではなく市民利用も可能なスポーツ施設の設置も計画しています。また、学内外のスポーツ資源の見直し・再評価を行い、近年積極的な大学スポーツ改革に取り組んできました。体育会クラブの旧来的なマネジメント方法の見直しや、体育会に所属する学生による近隣児童向けのスポーツ教室を開催するなどの取り組みを実施しています。



 関東学院大学と電通では、本協定締結を受けて、関内地区を中心とした横浜でスポーツ資源を共有し、連携した地域活性化事業を進めていく方針です。具体的な連携事業等は、今後随時発表していく予定です。


▼本件に関する問い合わせ先
関東学院大学 広報課
鈴木敦
住所:横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL:045-786-7049
メール:kouhou@kanto-gakuin.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

北東.jpg

横浜文化体育館.PNG

20190107pressrelease.pdf