桃山学院教育大学は、大阪府住宅供給公社と包括連携協定を締結しました|The大学Times

桃山学院教育大学は、大阪府住宅供給公社と包括連携協定を締結しました大学通信 2019.3.8

具体的には次の事項について連携・協力を進めます。



1)学割制度のモデル実施及び入居促進に関すること
茶山台団地の4・5階に入居した桃山学院教育大学の学生は、在学期間中の家賃が20%減額されます。学生の負担軽減と入居促進のモデルとして1年間実施されます。

2)団地コミュニティ活動への支援に関すること
学生・大学が保有する知識・技術を活用し、学生が子供や高齢者等と直接触れ合うコミュニティやボランティア活動を通じ、高齢化が進む団地の活性化と地域の課題解決を図ります。具体的には、コミュニティ拠点「茶山台としょかん」や自治会活動等に学生が関わることを想定しています。

3)知的・物的資源の相互活用に関すること
集会所等での放課後学習や学生による講義やワークショップを開催し、子どもの学習の場づくりや学生の学ぶ機会を創出します。また、大学・公社施設を活用した学生との多世代交流イベントや、つどいの場づくりを行います。

4)PRに関すること
大学側:学生に対して安全・安心な公社賃貸住宅を紹介します。 
公社側:団地に住み、住民と関わりを持つことは、指導者として学べる機会であることを発信します。

▼本件に関する問い合わせ先
桃山学院教育大学学長室
担当:宮坂
住所:〒590-0114 大阪府堺市南区槇塚台4-5-1
TEL:072-288-6655(土日祝除く9:00〜17:00)

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

PR20190308大阪府住宅供給公社と包括連携協定を締結.pdf