金沢大学が「ナノ生命科学研究所」研究棟を新設 -- 安全祈願祭を挙行|The大学Times

金沢大学が「ナノ生命科学研究所」研究棟を新設 -- 安全祈願祭を挙行大学通信 2019.6.20

 NanoLSIは、同大が平成29年度文部科学省「世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)」に採択されたことを受けて設立された研究組織。ナノ計測学、生命科学、超分子化学、数理計算科学の4研究分野の融合によって、生命の基本単位である細胞の表層や内部における「未踏ナノ領域」についてナノレベルで解明し、生命の誕生、疾患、老化などのさまざまな生命現象について根本的に理解し、新学術領域「ナノプローブ生命科学」を創成することを目指している。

 このたび、角間キャンパス南地区にナノ生命科学研究所棟を建設することとなった。それに伴い、6月3日に施工業者主催による安全祈願祭を挙行。当日は、金沢大学の役員をはじめ、ナノ生命科学研究所の福間剛士所長と主任研究者、工事関係者など約50名が参列し、工事の安全成就を祈願した。

●金沢大学ナノ生命科学研究所(NanoLSI)
 http://nanolsi.kanazawa-u.ac.jp/

(関連記事)
・金沢大学が文部科学省「世界トップレベル研究拠点プログラム」に採択 --「ナノ生命科学研究所」を新設(2017.10.03)
 https://www.u-presscenter.jp/2017/10/post-38088.html



▼本件に関する問い合わせ先
金沢大学 総務部広報室
住所:〒920-1192 石川県金沢市角間町
TEL:076-264-5024

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

(ナノ研棟)工事の安全成就を祈願.jpg