追手門学院大学が6月22日に新図書館開館記念セミナーを開催 -- 全国初 小中高大共通の電子図書館サービスを導入、学院全体で進めるICT教育を紹介|The大学Times

追手門学院大学が6月22日に新図書館開館記念セミナーを開催 -- 全国初 小中高大共通の電子図書館サービスを導入、学院全体で進めるICT教育を紹介大学通信 2019.6.19

 学校法人追手門学院は今春、茨木総持寺キャンパスを開設。大学の全学部1年次生と地域創造学部、国際教養学部が移転したほか、追手門学院中・高等学校が全面移転した。

 同学院はこれを機に、今春より小中高大で電子図書館サービス「LibrariE(ライブラリエ)」を導入。小中高大で共通の電子図書館サービスを導入したのは全国初だという。
 それに加え、小学3年生以上はMicrosoft SurfaceGO、中学生はiPad、高校生は富士通文教モデル(S-tab)、大学生は富士通LIFEBOOK UHシリーズと1人1台デバイスを持つことで、電子図書やデータベース等の電子情報資源を学習に活用する環境を整えている。

 さらに、大学棟「アカデミックアーク」内の図書館「アラムナイ・ライブラリー」では、電子図書の本文検索ができるディスカバリーサービス「EBSCO Discovery Service(EDS)」を導入。これまで発見できなかった適合文献の検索性が高まることで、教育の質的向上が期待される。今後は、中学校・高等学校にも同様のサービスを導入していく予定。
 
 このたびのセミナーでは、こうした電子情報資源を有効活用した新しい教育への取り組みと、それを支える各サービスについて紹介する。概要は以下の通り。

◆セミナー概要
【日 時】6月22 日(土)13:00〜16:30(受付は12:30開始)
【会 場】茨木総持寺キャンパス3階 A371教室
【プログラム(予定)】
●第1部 セミナー「教育を変える電子図書館サービス」
・13 :00〜13:30
 「追手門学院の挑戦―1人 1台のデバイスと電子図書館、ディスカバリーサービス」
 湯浅 俊彦(追手門学院大学・国際教養学部教授、図書館・情報メディア部長)
・13:30〜14:00
 「電子図書館サービスLibrariEの可能性」(仮題)
 大野 繁治氏(株式会社紀伊國屋書店・ICT営業本部長 役員待遇)
・14:00〜14:30
 「ディスカバリーサービスを活用したこれからの図書館サービス」(仮題)
 古永 誠氏(EBSCO Information Services Japan株式会社・営業部長)
・14:30〜15:00
 ディスカッション
●第2部 見学会
 15:30〜16:30
●各グループに分かれて、学生スタッフよる案内(予定)

※LibrariE
 株式会社日本電子図書館サービスが提供。スマートフォンやタブレット、パソコンから365日24時間いつでも、ストリーミング方式で配信される電子書籍を借りることができる。

※EBSCO Discovery Service
 学術雑誌論文を中心とした学術情報の全文、または文献データを検索できるオンライン・データベース。

(参考)学校法人追手門学院が5月26日に新キャンパスの竣工式を挙行 -- SDGs、Society5.0を見すえ「長期構想2040」を発表(2019.05.23)
 https://www.u-presscenter.jp/2019/05/post-41570.html


▼本件に関する問い合わせ先
追手門学院 広報課
谷ノ内・足立
住所:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供