東京都市大学が「第5回高校生デザイネージコンテスト」を開催 -- 7月26日まで参加登録を受け付け中|The大学Times

東京都市大学が「第5回高校生デザイネージコンテスト」を開催 -- 7月26日まで参加登録を受け付け中大学通信 2019.6.28

 東京都市大学メディア情報学部では、高校生を対象とした「高校生※デザイネージコンテスト」を毎年開催している。これは、課題への取り組みを通じ、創ることの楽しさと同学部の学びの一部を体験してもらうことを目的としたもので、第5回となる今年は、8月1日(木)と3日(土)に開催する。
 1日目にグループ分けと課題の発表、使用する機材や技術に関する講義を行い、その後、グループごとの作業に移る。
 2日目には作品発表と同学部の教員による審査、表彰が行われ、優秀な作品を発表したグループには賞状と賞品を授与する。
 ※デザイネージ:「デザイン」と「デジタル・サイネージ」を合わせた造語。

 コンテストの概要は以下の通り。

◆「第5回 高校生デザイネージコンテスト」概要
【日 時】
・8月1日(木) 10:00〜17:00(課題発表、講義、作業)
・8月3日(土) 10:00〜13:00(作品発表、表彰式)
【会 場】 東京都市大学 横浜キャンパス 2号館
【対 象】 高校生
【参加登録】
 下記ページから参加登録システムにアクセスし、必要事項を入力の上、参加登録
 http://www.comm.tcu.ac.jp/designage/2019/info.html
【受付期間】 6月10日(月)〜7月26日(金)
【参加費】 無料
※2日間通しての参加が必要。
※8月2日(金)の10:00〜17:00は、作業を継続して行いたい参加者のために教室を開放。
 作業時間も自由に設定可。
※8月3日(土)は、大学が参加者の昼食を用意。
※  〃     は、オープンキャンパスを同時開催。

■ピクトグラム部門(社会メディア学科主催)
 人々の注目を集め、楽しく、役に立つ「サイン」をデザインします。昨年は「飲食店に来訪したお客様向けに、満足度が高まり、食事も美味しく感じてもらえるような3種類の標識(案内・注意・禁止)を作成する」という課題に取り組みました。デザインを学ぼうと考えている方、社会に役立つアイデアを出すのが得意な方にご参加いただければと思います。描画ツールソフト「Adobe Illustrator」の初歩的な使い方も学べます。

■プログラミング部門(情報システム学科主催)
 Microsoft社の「Kinect」を用いて、人の動きに合わせてさまざまな画像表示を行うことができる魅力的な「標識表示システム」を作ります。昨年は「飲食店の店先に置いてそのお店の宣伝となるような『電子看板』をC++で作成する」という課題に取り組みました。これまでに、簡単なプログラミングを行ったことのある高校生であれば、十分にこなせる課題を用意し、必要となるプログラミング技術に関する講義も行います。

※詳細は下記URLを参照。
 https://www.comm.tcu.ac.jp/designage/2019/info.html



▼本件に関する問い合わせ先
企画・広報室
住所:東京都世田谷区玉堤1-28-1
TEL:03-5707-0104
FAX:03-5707-2222
メール:toshidai-pr@tcu.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから