法政大学イノベーション・マネジメント研究センター シンポジウム「創発型責任経営―新しいつながりの経営モデル―」2019年7月26日(金)に市ケ谷キャンパスにて開催!|The大学Times

法政大学イノベーション・マネジメント研究センター シンポジウム「創発型責任経営―新しいつながりの経営モデル―」2019年7月26日(金)に市ケ谷キャンパスにて開催!@Press 2019.7.8

法政大学イノベーション・マネジメント研究センターでは、7月26日(金)に、シンポジウム「創発型責任経営―新しいつながりの経営モデル―」を開催します。
本シンポジウムは、日本経済新聞出版社より6月26日に刊行された同タイトルの書籍の出版を記念して開催します。同書は、「創発型責任経営」という新しいコンセプトを打ち立て、理論と実践の両側面から、その内容を新しい経営モデルとして提案しています。それは、責任(レスポンシビリティ)の範囲を限定しないことで、社会への新しいつながりを創造する経営モデルです。
シンポジウムでは、CSRやSDGsにも触れながら、創発型責任経営の理論と先進的な企業の実践例を通じて、新しい企業経営のあり方について考えます。


パンフレット画像


【開催概要】
■日時:2019年7月26日(金) 13:30〜17:30 (開場13:00)

■会場:法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー26階 スカイホール
(アクセス)東京都千代田区富士見2-17-1 市ケ谷駅または飯田橋駅徒歩10分

■プログラム
・13:30〜13:35【開会挨拶】
李 瑞雪(法政大学イノベーション・マネジメント研究センター所長/経営学部教授)
國部 克彦(神戸大学副学長/教授)

・13:35〜14:30【基調講演】「責任が価値を生む経営」
國部 克彦

・14:30〜15:15【招待講演】「オムロン株式会社の企業理念経営の実践」
安藤 聡(オムロン株式会社取締役)

・15:15〜15:30 (休憩)

・15:30〜17:30 企業事例報告とディスカッション
(1)ブリヂストンのOur Way to Serve:北田 皓嗣(法政大学経営学部准教授)
(2)丸井グループの手を挙げる組織づくり:北田 皓嗣
(3)ヤフーの課題解決エンジン:安藤 光展(CSRコンサルタント)
(4)三菱重工業グループの「き・ず・な活動」:西谷 公孝(神戸大学経済経営研究所教授)

■参加費:無料
定員 :先着150名(定員に達し次第締切)

■申込方法:下記専用サイトよりお申込みください
【PC・スマートフォン】 https://www.event-u.jp/fm/10933
【携帯電話】 https://www.event-u.jp/fm/m10933

<参考> http://riim.ws.hosei.ac.jp/news/201906203203.html

■申込期限:7月22日(月)
※8月2日(金)に、大阪でも同一内容のシンポジウムを開催します。
詳細は上記<参考>サイトをご覧ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press