白鴎大学が7月15日に「キッズ・ユニバーシティ・おやま2019」を開催 -- 小・中学生が一日「大学生」を体験|The大学Times

白鴎大学が7月15日に「キッズ・ユニバーシティ・おやま2019」を開催 -- 小・中学生が一日「大学生」を体験大学通信 2019.7.12

 「キッズ・ユニバーシティ・おやま」は、将来を担う子どもたちの知的好奇心を刺激し、学問への憧れを抱く学びの機会を提供することを目的に、小山市教育委員会が2012年度から開催している子ども版のオープンキャンパス。白鴎大学のほか、小山工業高等専門学校と関東職業能力開発大学校でそれぞれ行われている。
 今年度は、心理学の一部を体験できる「見えている世界と見ている世界は同じ?」や、子どものためのキャリアデザインに関する講義、身近な民事事件の法律の解釈や適用について学ぶ講義を行う。また、昼食は学食でとるなど、活気のある大学の雰囲気を体験できる。
 詳細は以下の通り。

◆キッズ・ユニバーシティ・おやま2019概要
【日 時】 7月15日(月・祝) 9:15〜15:15
【場 所】 白鴎大学 本キャンパス(〒323-8586栃木県小山市駅東通り2-2-2)
【対 象】 小山市、下野市、野木町、茨城県結城市内の小学校(義務教育学校)5・6年生および中学校1年生(義務教育学校7年生)とその保護者(募集はすでに終了)

【スケジュール】
9:15〜09:35 開校式(南館7F:鴎友会会議室)
9:45〜10:30 講座「見えている世界と見ている世界は同じ?」
                 (南館3F:303セミナールーム)
10:50〜11:35 講座「小・中学生のキャリアデザイン〜デキる大人になるために〜」
                 (南館3F:303セミナールーム)
11:40〜12:30 昼食 かもめ食堂 (南館1F:学生食堂)
12:35〜13:40 学内見学(授業見学)
13:45〜14:30 講座「法律を使って身近な事件を解決してみよう!」
                 (南館3F:303セミナールーム)
14:45〜15:15 閉校式(南館7F:鴎友会会議室)

【講座内容】
●見えている世界と見ている世界は同じ?
 玉宮 義之 教育学部准教授
 心理学では、私たちがどのように世界を理解しているのかということを研究しています。この授業では心理学の一部を紹介し、見えている世界と見ている世界が同じではないことをみなさんに体験してもらいます。

●小・中学生のキャリアデザイン〜デキる大人になるために〜
 力石 正弘 経営学部教授
 皆さんは、将来どんな大人になりたいですか。テキパキ仕事をこなす、デキる大人になるためのヒント「キャリアデザイン」についてお話しします。

●法律を使って身近な事件を解決してみよう!
 白石 智則 法学部教授
 「他人の物をこわしてしまったけど弁償しなければいけないの?」といった身近な民事事件(一般の人の生活に関する争い)についてみなさんと議論しながら、法律の解釈や適用の仕方を学んでいきたいと思います。

(参考)
■小山市HP内関連ページ
http://www.city.oyama.tochigi.jp/site/kyoikuiinkai/34.html 

▼本件に関する問い合わせ先
 小山市教育委員会 教育総務課教育政策係 簗島
 〒323-8686 栃木県小山市中央町1-1-1
 TEL:0285-22-9646
 FAX:0285-22-9650

▼本件取材に関する問い合わせ先
 白鴎大学 広報課
 〒323-8586 栃木県小山市駅東通り2-2-2
 TEL:0285-20-8117(直通)
 FAX:0285-22-8901

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供