学習院大学身体表象文化学会が7月27日(土)に第6回ゾンビ映画研究会を開催|The大学Times

学習院大学身体表象文化学会が7月27日(土)に第6回ゾンビ映画研究会を開催大学通信 2019.7.17

 学習院大学身体表象文化学会と学習院大学文学会は、2019年7月27日(土)に下記の通り第6回ゾンビ映画研究会を開催いたします。

【概 要】
 2016年、ヨン・サンホ監督による2本のゾンビ映画の公開が大きな話題を呼んだ 。実写作品『新感染 ファイナル・エクスプレス』と、その前日譚をアニメーション化した 『ソウル・ステーション/パンデミック』である。両作は、表現手法こそ異なれど、ともに現代の韓国を舞台とし、「ゾンビ化」する社会に翻弄される「父娘関係」を活写した。
 このたびの「ゾンビ映画研究会」では――後者を視野に入れながらも――前者『新感染』を研究対象とする。作品を鑑賞後、これについて、まず会員の岡田尚文氏(表象文化学 ・映画史)と中里昌平氏(演劇論・思想史)に解説を、その後、新井保裕氏(社会言語学・韓国朝鮮語学)にご講演をいただき、最後に参加者全員で多角的に議論することとしたい。

【プログラム】
・司会:芹澤円(学習院大学ドイツ語圏文化学科助教)
●14:00〜 上映
 ヨン・サンホ『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016年・韓国、118分)
●16:15〜 作品解説1
 「『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』と『新感染』――「狂気」をめぐって」
 岡田尚文(学習院大学非常勤講師)
●16:30〜 作品解説2
 「ジェントリフィケーションの事例から考えるソウルの「現在」」
 中里昌平(学習院大学大学院身体表象文化学専攻博士前期課程修了)
●16:45〜 講演
 「映画『新感染』に見られる韓国」
 新井保裕(東洋大学国際教育センター特任助教)
●17:30〜 全体討議

【日 時】 7月27日(土) 14:00〜18:30

【会 場】
 学習院大学南1号館201教室(東京都豊島区目白1-5-1)
 キャンパスマップ: http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html

【アクセス】
・JR山手線「目白」駅下車 徒歩30秒
・東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅下車 徒歩約7分

【主 催】 学習院大学身体表象文化学会

【共 催】 学習院大学文学会

▼本件に関する問い合わせ先
(研究会について)
 学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻
 URL: http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/cult/
 TEL: 03-5992-1404


(取材について)
 学習院大学広報センター
 TEL: 03-5992-1008
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像