千葉商科大学メガソーラー野田発電所のFIT電気を大学へ供給。市川キャンパス、使用電力を再エネに切り替え|The大学Times

千葉商科大学メガソーラー野田発電所のFIT電気を大学へ供給。市川キャンパス、使用電力を再エネに切り替え@Press 2019.8.1


千葉商科大学(学長:原科幸彦、千葉県市川市)は、みんな電力株式会社(代表取締役:大石英司)を通じて、市川キャンパスで使用する電力を、2019年8月1日より順次、再生可能エネルギー由来の電力に切替えます。
具体的には、同大が千葉県野田市に所有するメガソーラー野田発電所のFIT電気を中心とした再生可能エネルギーの利用を図ります。これにより市川キャンパスで購入する電力は再生可能エネルギー率100%になります。
同大は、地球温暖化対策等の環境保全に貢献するため、日本初の「自然エネルギー100%大学」をめざしています。持続可能な社会づくりのためには、社会の各主体が消費するエネルギーは再生可能エネルギーによって自ら創出することが必要だと考え、2014年からメガソーラー野田発電所を稼働しました。これは、国連のSDGs(持続可能な開発目標)の12番「つくる責任つかう責任」のエネルギーにおける実践です。
その後、2017年11月にメガソーラー野田発電所を中心とした同大所有の太陽光発電設備での発電量と、大学の消費エネルギーの総量を同量にする環境目標を宣言。2019年1月には発電量が消費電力量を上回り、電力生産での100%を達成しました。2020年度には、ガスを含めたすべての消費エネルギーに相当する発電を行うことを目標に掲げて、全学で取り組んでいます。


メガソーラー野田発電所のFIT電気を中心とした再生可能エネルギーの利用


画像 : https://newscast.jp/attachments/QvirdiRqP6ul7grtslfL.png


・メガソーラー野田発電所のFIT電気を東京電力パワーグリッドを通じて、みんな電力に特定卸供給。
・みんな電力のブロックチェーンP2P電力トレーサビリティシステムを利用することで、メガソーラー野田発電所のFIT電気を、同大市川キャンパスに供給することが証明可能になる。電力の不足分は、他のFIT電気や再生可能エネルギー電力(風力、バイオマス等)により補充し、さらに、トラッキング付き非化石証書により、再生可能エネルギー利用率100%を実現する。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press