板橋区と連携し、表現学科の学生が食品ロス削減動画を制作=消費者庁HPでも紹介 -- 淑徳大学|The大学Times

板橋区と連携し、表現学科の学生が食品ロス削減動画を制作=消費者庁HPでも紹介 -- 淑徳大学大学通信 2019.8.8

 動画は1分から1分半で、「寿命編」と「ピーマン先輩とトマトちゃん編」の2つがあり、どちらも学生のアイディアをもとに制作されました。100円ショップで購入した材料を使ってドールハウスサイズのオフィスを再現するなど、準備から時間をかけて取り組みました。


 「寿命編」は、モノには寿命がある!と、遊具10年や小学校の校舎60年、靴6か月など身の回りのものの寿命を紹介。そして、トマト3.5日、牛乳10日などと示し、消費期限を意識するよう勧めています。

 「ピーマン先輩とトマトちゃん編」は、ピーマンとトマトの会話劇。嫌いな野菜ランキング上位のピーマンがトマトに励まされ「めざせ、胃袋。めざせ、食卓。」とメッセージを伝えるストーリー。


 ピーマンを擬人化し、アニメーションのように一コマずつ撮影したものを連続して映し、動きを作り出す映像作品に仕上げました。ピーマンとトマトの声優役は同じゼミの学生が担当し、淑徳大学のスタジオを使って本格的な動画が完成しました。



 動画は、下記URLよりご覧くださいませ。

【淑徳大学HP:表現学科の学生制作、動画紹介記事】



 https://www.shukutoku.ac.jp/news/tokyo/post_169_37055.html
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像