神田外語グループ 神田外語キャリアカレッジが9月24日に''English Rakugo Show''(英語落語)を開催|The大学Times

神田外語グループ 神田外語キャリアカレッジが9月24日に''English Rakugo Show''(英語落語)を開催大学通信 2019.9.5

 神田外語キャリアカレッジは、神田外語グループの一機関として、同グループでの長年に渡る実践的語学運用力・コミュニケーション力習得のための教育研究・実践の成果を、国際ビジネス社会で活躍できる人材の育成に活用する目的から設立されました。ビジネス環境における''真のコミュニケーション能力''習得のサポートを目指しています。

 江戸時代の日本で成立し、現在まで伝承されている伝統的な話芸の落語。今回はその落語をテーマに、神田外語寄席''English Rakugo Show''「笑いは世界をつなぐ!落語で学ぶ英語表現と日本文化」と題して、生きた英語表現や日本の文化を楽しみながら学ぶことができるセミナーを開催します。当日は、神田外語大学の講師でもある鹿鳴家 英楽氏、鹿鳴家 一輪氏が出演し、英語落語の解説と実演(5席)を披露します。解説・実演とも英語で行われますので、英語学習者だけでなく、英語ネイティブスピーカーの方にもお楽しみいただけます。

概要は以下の通りです。

◆神田外語寄席''English Rakugo Show''
 「笑いは世界をつなぐ!落語で学ぶ英語表現と日本文化」概要
【日 時】 9月24日(火)19:00〜21:00
【場 所】 神田外語学院3号館7階
【出 演】 鹿鳴家 英楽(かなりや えいらく)、鹿鳴家 一輪(かなりや いちりん)
【定 員】 50名(定員になり次第締め切り)
【参加費】 1,000円(税込)
【申込方法】
 下記のHPより申し込み
 https://www.kandagaigo.ac.jp/group_news/detail/0102_0000007670.html

◆プログラム内容
・Like Father, Like Son 「親の顔」
・A Pot of Poison 「附子」
・Bamboo Screen Show 「玉すだれ」
・Tenshiki 「転失気」
・The Other End 「片棒」
・Q & A Session 質疑応答

◆講師プロフィール
(1)鹿鳴家 英楽
 愛知県生まれ。上智大学外国語学部卒業。テンプル大学大学院修了(英語教育専攻)。現在、神田外語大学、および駒澤大学の講師。
 1983年、立川談志が創立した落語立川流に参加。1991年から東京で落語教室を主宰。国内では、神田外語大学、神田外語学院、上智大学などの教育機関、国際協力機構(JICA)、全国語学教育学会(JALT)、外国人宿泊施設など、国外ではカルフォルニア、ニューヨーク、デンマークなどで英語落語の公演を重ねている。英語落語だけでなく、日本のポップスを英語で弾き語りする活動も行っている。

(2)鹿鳴家 一輪
 神田外語大学外国語学部英米語学科特任講師。King'sCollege,London修士課程(応用言語学)修了。TOEFL並びに4技能指導に注力。英語落語歴8年。日本語落語歴7年。桂文若師匠、金原亭龍馬師匠に師事。英語落語は外国人向け宿泊施設、小学校、ロータリークラブなどで、国外ではアメリカのアリゾナ、ニューヨーク、そしてコーカサス地方ジョージアで公演。

▼本件に関する問い合わせ先
神田外語グループ 法人本部広報部
栗城
住所:東京都千代田区内神田2−13−13
TEL:03-3258-5837 (平日 9:30〜17:00)
FAX:03-5298-4123
メール:media@kandagaigo.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像