青山聖佳選手が日本代表選手として「第17回世界陸上競技選手権大会」に出場|The大学Times

青山聖佳選手が日本代表選手として「第17回世界陸上競技選手権大会」に出場大学通信 2019.9.12

青山選手は、島根県 松江商業高等学校出身。2015年から大阪成蹊大学の女子陸上競技部に所属し、2016年のインカレ(日本学生対校選手権)では同部の総合優勝に大きく貢献したエースでした。2019年4月からは、大阪成蹊大学職員として勤めながら、引き続き同大女子陸上競技部を練習拠点とし、瀧谷賢司監督の指導の下、2020年の東京オリンピック出場を目指しています。



今回、「男女混合4×400mリレー」の種目で代表選手に選出され、2019年9月27日〜10月6日にカタール・ドーハで開催される「第17回世界陸上競技選手権大会」に出場が決定しました。
青山選手は、「今シーズンは世界選手権出場を目標に掲げていたので、とても嬉しいです。日本代表としての責任を持ち、日本記録である3分19秒71を更新できるように頑張ります。応援の程よろしくお願いします。」と意気込みを語りました。


【青山選手 おもな戦績】
2015年  第15回世界陸上選手権大会(北京) 4×400mRで3分28秒91の日本新記録を樹立。
2016年  第100回日本陸上競技選手権大会 400m優勝。
2017年  吉岡隆徳記念第71回出雲陸上競技大会 300m 37秒76の日本最高記録樹立。
2019年  第103回日本陸上競技選手権大会 兼 ドーハ2019世界陸上競技選手権大会 日本代表選考競技会 400m 優勝
     第23回アジア陸上競技選手権大会(カタール・ドーハ) 4×400mリレー 銅メダル獲得





▼本件に関する問い合わせ先
広報企画本部
住所:大阪市東淀川区相川3-10-62
TEL:06-6829-2606
FAX:06-6829-2747
メール:kouhou@osaka-seikei.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像