明治大学初となる英語クイズ大会が開催されました|The大学Times

明治大学初となる英語クイズ大会が開催されましたDream News 2013.11.13

オンライン言語学習ソリューション 「Rosetta Stone(R)(ロゼッタストーン(R))」を販売するロゼッタストーン・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田尻新吾/以下、ロゼッタストーン・ジャパン)が協賛する、明治大学初の試みである、英語クイズ大会“WSJ Future Leadership Program Quiz Contest at Meiji University”が2013年11月9日(土)に明治大学のリバティタワーで開催されました。

当クイズ大会は、明治大学におけるグローバル人材教育の一環として、同大学の政治経済学部の武田教授により起案され、日頃The Wall Street Journalを読む同大学の生徒が、世界の政治・経済を中心とした知識と、英語力を同時に競い合う同大学主催のクイズ大会です。クイズ大会には、同大学の1年生から4年生まで約50名の闘志溢れる学生たちが参加。マークシート形式による英語の時事問題100問の予選を通過した団体5チームが決勝戦に臨み、決勝戦では、Rosetta Stoneの人気の英文聞き取りゲーム「BuzzBingo(バズ ビンゴ)」を用いた競技や、ロゼッタストーン・ジャパンの代表、田尻が審査員を務める、アメリカのテレビクイズ番組「Jeopardy!」を模した団体対戦型のクイズにより、会場が熱気と興奮に包まれました。

■クイズ大会開催風景
■「WSJ Future Leadership Program」 について(URL:http://jp.wsj.com
ダウ・ジョーンズの教育支援プログラムは、1947年、ハーバード大学からの要請をうけて、学生にThe Wall Street Journal (ウォール・ストリート・ジャーナル)を提供したことに始まり、60年以上にわたり教育支援事業を続けて参りました。世界のビジネスリーダーたちに愛読されている米国を代表する経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」を早いうちから読みこなすため、多くの学生たちが参加してきました。将来のグローバルリーダーを育てようというその精神が今も引き継がれ、ヨーロッパ、アジア、それぞれの地域に合わせた教育支援を現在も行っています。

■「Rosetta Stone(R)(ロゼッタストーン(R))」について (URL: http://www.RosettaStone.co.jp
ロゼッタストーンは、1992年に米国で開発されたオンライン語学ソリューションです。英語以外にフランス語、アラビア語にいたるまで、世界人口の約90%をカバーする合計30言語に対応しており、世界中で500万人以上(2011年時点)のユーザーに利用されています。また、米国国務省をはじめとする政府・公共機関、マリオット・インターナショナル、トムソン・ロイターなどのグローバル企業など、全世界8,000以上の企業、9,000以上の官公庁・非営利団体、20,000以上の教育機関で正式に導入されています。日本においても企業・官公庁等を含む約600の法人、約200の教育機関にて幅広く採用されています。

*ロゼッタストーン、Rosetta Stone、ロゴ、その他記載されているロゼッタストーンの標章は、米国Rosetta Stone Ltd. の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
The Wall Street Journal(R)、WSJ.com(R)及び Dow Jones(R)は、Dow Jones & Company, Inc.の商標及びサービス・マークです。
"JEOPARDY!" is a registered trademark of Jeopardy Productions, Inc.


<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
ロゼッタストーン・ジャパン株式会社 法人広報担当デスク:コーポレートデザイン総合研究所
広報担当: 大島 oshima@corporate-d.com TEL:080-4450-8216/FAX:03-6732-3190
Dream News詳細ページ
プレスリリース配信 Dream News提供

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから