新キャンパスに移転、地域創造学部を中心に連携を強化 追手門学院に茨木市観光協会が移転|The大学Times

新キャンパスに移転、地域創造学部を中心に連携を強化 追手門学院に茨木市観光協会が移転PR TIMES 2019.10.4



今年4月に開設した追手門学院茨木総持寺キャンパス(大阪府茨木市太田東芝町)に、大阪府茨木市の観光振興に取り組む茨木市観光協会が、10月6日付で移転します。今後は地域創造学部を中心に追手門学院大学と茨木市観光協会の連携を強化し、地域の魅力発信に努めます。



茨木市観光協会が移転するのは、総持寺キャンパスの大学棟・アカデミックアーク3階です。専任職員と事務スタッフでの運営とのことです。アカデミックアークには大学の全学部1年生のほか、地域創造学部と国際教養学部は4年生までが学んでおり学生や教職員と協働しやすい環境にあります。

茨木市観光協会では、情報誌「いばらきのぉと」やホームページ、JR茨木・阪急茨木市両駅のデジタルサイネージなど使って情報発信に取り組んでおり、「大学が持つ『知力』・『情報力』に学生の皆さんの『行動力』は、私たちの活動に大きなアドバンテージとなり、共に観光・街づくりを学び実践することにより、地域社会の発展に貢献できるものと考えています」と、期待を語っています。

一方、追手門学院としても公的な機関が大学内に入るのは初めてのことであり、地域課題を教育・研究テーマとする地域創造学部を中心に連携を深め、地域貢献と学修を融合させた独自のモデルをつくっていきたいと考えています。

茨木市観光協会は10月6日に移転し、7日から運用を始めることになっています。


【ポイント】

○追手門学院の新キャンパス・茨木総持寺キャンパスに茨木市観光協会が移転
○新キャンパスは地域創造学部、国際教養学部の拠点であり情報発信に向けた協働を期待
○10月7日から運用開始


【茨木市観光協会移転概要】

移転日時:2019年10月6日、運用開始10月7日から
移 転 先:追手門学院茨木総持寺キャンパス・大学棟(アカデミックアーク)3階
住  所:大阪府茨木市太田東芝町1-1(追手門学院茨木総持寺キャンパスと同じ)
広  さ:54.17m2
業 務 日:月曜日〜金曜日(土・日・祝日を除く及び年末年始、大学休学日)
業務時間:9:00〜17:15
連 絡 先:電話072-645-2020 FAX072-645-3020 メール i-info@ibaraki-kankou.or.jp
     ※連絡先は従来と同じ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから