工学院大学が秋のオープンキャンパスを10月13日(日)に開催 〜 入試目前、試験・面接対策など充実のプログラム 〜|The大学Times

工学院大学が秋のオープンキャンパスを10月13日(日)に開催 〜 入試目前、試験・面接対策など充実のプログラム 〜@Press 2019.10.7

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は秋のオープンキャンパスを10月13日(日)に新宿キャンパスで開催します。入試を目前に控えた受験生に対して、一般入試対策としてガイダンスや過去問解説、推薦入試対策として入試・面接ガイダンスや合格後から入学までの学習方法ガイダンスなど、きめ細かなプログラムを用意しています。さらに、各学部・学科の紹介や、今年4月に新設された『航空理工学専攻』の説明会・フライトシミュレーター体験など多彩なプログラムを用意しています。※一部ガイダンスは要予約。


ガイダンスの様子

【本件のポイント】
●10月13日(日)、工学院大学は秋のオープンキャンパスを新宿駅西口徒歩5分に位置する超高層ビル・新宿キャンパスで開催。学生が運営スタッフとして参加し、受験生は“未来の自分”をリアルに感じられる。

●一般入試対策としてガイダンスや過去問解説、推薦入試対策では入試・面接ガイダンスだけでなく合格後から入学までの学習方法についてのガイダンスも実施。

●エンジニア・パイロットの育成をめざし、今年4月に新設された『航空理工学専攻』の説明会やフライトシミュレーター体験を実施。


【本件の概要】
工学院大学への入学を目指す高校生や保護者を対象に、10月13日(日)、新宿キャンパスで秋のオープンキャンパスを開催します。受験生に一番近い視点をもった学生たちが運営スタッフとして参加し、自身の経験をもとにアドバイスするなど、“未来の自分”をリアルに感じることができるオープンキャンパスとなっており、例年来場者から好評を得ています。

今回のオープンキャンパスにおけるガイダンスでは、入試概要や日程の説明だけでなく、一般入試・推薦入試それぞれのガイダンスや対策講座を実施します。一般入試対策としては、併願パターンなどの解説をするガイダンスや有名予備校講師による科目毎の講座を無料で開講し、出題傾向や対策、入試本番に向けた学習法など入試突破のポイントを解説します。推薦入試対策には、面接試験の心構えや注意点を解説する面接ガイダンスだけでなく、合格から大学入学までに必要な学習方法について担当教員がガイダンスを行い、大学での学びへつなげるサポートをします。

また、今年4月に先進工学部機械理工学科に新設された『航空理工学専攻』の説明会を開催し、エンジニア・パイロットの育成をめざす本学独自のプログラムで取得できる資格やサポート体制など最新の情報をお伝えします。本専攻で使用されているフライトシミュレーターも地下1階“B-ICHI”にて体験できます。


【工学院大学 秋のオープンキャンパス 概要】
■日時
10月13日(日)10:00〜15:00(受付開始:9:30〜)
(※事前受付実施、一部ガイダンスは要予約)

■会場
工学院大学新宿キャンパス
https://www.kogakuin.ac.jp/campus/access.html

■工学院大学オープンキャンパス紹介ページ
https://www.kogakuin.ac.jp/admissions/event/oc.html


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press