近畿大学英語村E3[e-cube] Christmas Charity Dinner 欧米の伝統的なクリスマスをチャリティを通して体験|The大学Times

近畿大学英語村E3[e-cube] Christmas Charity Dinner 欧米の伝統的なクリスマスをチャリティを通して体験大学通信 2019.11.30





【本件のポイント】
●通常は近畿大学の学生のみが利用できる英語村を、一般の方(高校生以上)に開放
●参加者から寄せられた寄付金を公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに全額寄付
●欧米の伝統的なクリスマスを体験し、文化の違いを学ぶ機会

【本件の内容】
英語村では毎年クリスマス・チャリティ・ディナーを開催しており、今年で13回目の開催となります。欧米ではクリスマスの時期にチャリティ活動が盛んに行われていることから、英語村のクリスマス・チャリティ・ディナーでも学生・教職員・一般の方から寄付を募り、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに全額寄付します。昨年は106,350円が集まりました。
当日は参加者と英語村外国人スタッフが交流し、ターキーやハニーベイクドハムなどの欧米で伝統的なクリスマス料理を食べながら、学生のパフォーマンスやクリスマスソングの合唱などを楽しみます。クリスマスの気分を味わいながら、文化の違いを学びます。

【開催概要】
日  時:令和元年(2019年)12月17日(火)18:30〜20:10(18:15開場)
場  所:近畿大学東大阪キャンパス 英語村E3[e-cube]
     (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
対  象:先着200人(近畿大学生150人、教職員30人、一般の方(高校生以上)20人)
     ※赤いものを身に着けてご参加ください。
申込方法:12月2日(月)より予約受付
     一般の方は、メールにて申込み E-mail:e-cube@itp.kindai.ac.jp
     1,000円以上の寄付をお願いします。
お問合せ:英語村E3[e-cube] TEL(06)4307-3082
     担当:石川、遠藤、野崎

【近畿大学英語村E3[e-cube]について】
近畿大学英語村E3[e-cube](イーキューブ)は、平成18年(2006年)に「遊びながら英語を楽しく学ぶ」をコンセプトに開設されました。敷地内での会話は英語に限定され、常駐の外国人スタッフと会話やゲームをしたり、料理やアート、スポーツ、クイズなど日替りの英語の「アクティビティ」に参加したり、学生たちが楽しみながら英語に触れるというスタイルを確立しています。開村13年で累計入場者は149万人を超え、本学でも人気の高い施設になっています。

英語村E3[e-cube]:
https://www.kindai.ac.jp/e-cube/


▼本件に関する問い合わせ先
総務部広報室
住所:〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
TEL:06‐4307‐3007
FAX:06‐6727‐5288
メール:koho@kindai.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像