フェリス女学院大学が2月16日に朗読会を神奈川近代文学館で開催|The大学Times

フェリス女学院大学が2月16日に朗読会を神奈川近代文学館で開催大学通信 2020.1.20

 フェリス女学院大学ではこのたび、読書運動プロジェクト(※)の一環として神奈川近代文学館と朗読会を共催します。10回目となる今回のテーマは「ゆるやかな交歓〜それはついこのあいだ、ほんの百年すこし前の物語」。学生・OGが若々しい声に物語を乗せて、皆さまを不思議の世界に誘(いざな)います。出演メンバーたちは、今年も専門家からのレッスンを受け、練習を重ねてきました。マイクを使わず生の声で表現される作品世界を、心ゆくまでお楽しみください。概要は下記のとおりです。

※読書運動プロジェクト:2002年より開始。図書館を拠点として、「読書」を個人的な経験にとどまらず他者と共有、発信していく活動で、学生、教職員により展開しています。メディア接触のあり方が多様化した現代、本、雑誌、新聞、DVDを組み合わせたテーマ展示や学生による選書ツアー(図書館蔵書の購入)、POPコンテストによる推奨図書紹介など、アクセスしやすいメニューの提供はますます重要度を増しています。

◆朗読会「ゆるやかな交歓〜それはついこのあいだ、ほんの百年すこし前の物語」概要
【日 時】2020年2月16日(日)14:00〜17:00(開場13:30)※入退場自由 
【場 所】神奈川近代文学館ホール(横浜市中区山手町110 港の見える丘公園内)
【出演者】
 フェリス女学院大学附属図書館読書運動プロジェクト朗読チーム
 フェリス女学院大学OG朗読サークル 「すずの音」
【演 目】梨木香歩『家守綺譚』より
【指 導】鈴木千秋(朗読家)

▼朗読会に関する問い合わせ先
 フェリス女学院大学附属図書館事務室

 TEL: 045-812-6999
 E-mail: r_library@ferris.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像