獨協大学が3月14日にシンポジウム「AI翻訳と外国語教育」を開催 -- 東京大学のトム・ガリー教授と関西大学の山田優教授を招請|The大学Times

獨協大学が3月14日にシンポジウム「AI翻訳と外国語教育」を開催 -- 東京大学のトム・ガリー教授と関西大学の山田優教授を招請大学通信 2020.1.30

 近年、AI翻訳の性能は向上し、実生活やビジネスの現場で用いられることも増えている。こうした中、獨協大学大学院外国語学研究科と同大外国語学部ドイツ語学科は「AI翻訳と外国語教育」と題してシンポジウムを開催する。翻訳家・辞書編集者としても活躍する東京大学教養学部のトム・ガリー教授と、翻訳通訳学や翻訳テクノロジー論を専門とする関西大学外国語学部の山田優教授を講師として招請。これからツールとして定着していくであろうAI翻訳について、学生に利用を禁じるのではなく、外国語教育にうまく利用していくにはどうすればよいのかを考察する。概要は下記の通り。

◆シンポジウム「AI翻訳と外国語教育」概要
【日 時】 3月14日(土)12:30〜15:45
【会 場】 獨協大学創立50周年記念館(西棟) W-201教室
【対 象】 どなたでもご聴講いただけます
【主 催】 獨協大学大学院外国語学研究科、獨協大学外国語学部ドイツ語学科
【備 考】 入場無料、予約不要

<プログラム>
・12:30 開会挨拶(獨協大学外国語学研究科委員長 大重光太郎)
・12:35 はじめに(獨協大学ドイツ語学科長 木村佐千子)
・13:00 トム・ガリー氏講演(東京大学教養学部教授)
・14:00 休憩
・14:15 山田優氏講演 (関西大学外国語学部教授)
・15:15 パネルディスカッション
(15:45 閉会)

<講師プロフィール>
■トム・ガリー
 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部教授。翻訳家・辞書編集者。シカゴ大学で言語学と数学の両修士課程を修了。1983年から日本に在住。東京大学教養学部で英語教育プログラム開発に関わる。外国語教育に関する著作多数。

■山田 優(やまだ・まさる)
 関西大学外国語学部・大学院外国語教育学研究科教授。立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科博士後期課程修了。博士(異文化コミュニケーション学・翻訳通訳学)。日本通訳翻訳学会(JAITS)理事歴任。


▼本件に関する問い合わせ先
総合企画課
大野
住所:埼玉県草加市学園町1-1
TEL:048-946-1798
メール:kouhou@stf.dokkyo.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから