[筑波学院大学]筑波学院大学が「第2回 KVACUP 英語スピーチコンテスト」を10月25日に開催――7月1日より参加者募集開始|The大学Times

[筑波学院大学]筑波学院大学が「第2回 KVACUP 英語スピーチコンテスト」を10月25日に開催――7月1日より参加者募集開始大学通信 2014.6.27

 筑波学院大学(茨城県つくば市 学長大島愼子)は、小学生から社会人までが参加可能の英語スピーチコンテスト「KVACUP」を10月25日(土)に開催する。
 これは、平成25年からつくば市および一般社団法人日本英語交流連盟の後援で開始したもので、優勝者にはつくば市長杯および協賛企業からの副賞が用意されている。

 KVAとは、大学の教育理念である知識(Knowledge)、徳(Virtue)、技術(Art)を意味し、同日には大学祭である「KVA祭」も行われる。

 英語スピーチコンテストは5部構成で、▼第1部は小学生の英語の詩の暗唱、帰国子女のスピーチ、▼第2部はマルチカルチャーの部で、外国籍の両親をもつ7歳から13歳までの学生のスピーチ、▼第3部は中学生のスピーチ、▼第4部は高校生のスピーチと質疑応答、▼第5部は大学生および社会人の即興スピーチと質疑応答、となっている。
 即興スピーチとは、会場で抽選箱からタイトルを引いて、10分考えた後に即興で話すというもの。

 小学生と帰国子女、中学生は日本国籍が参加条件だが、高校生、大学生、社会人は外国籍の学生も参加可能。
 審査基準は、内容と構成が65点、発音や流暢さが35点で、審査員はネイティヴスピーカーが中心である。

 この大会は、参加者を日本人に限ることなく、国際社会そのままに同じ舞台でスピーチの内容を競い合うことに主眼が置かれている。 
 参加者の募集は7月1日(火)から。参加希望者は大学ホームページ( http://www.tsukuba-g.ac.jp )から応募書類をダウンロードし、( kvacup@tsukuba-g.ac.jp )に送付すること。 

▼本件に関する問い合わせ先
 KVACUP実行委員会
 TEL: 029-858-4811  
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供