経営学部生と共同で企画した化粧筆クリーナーを新発売 近畿大学経営学部山縣ゼミ×木村石鹸工業|The大学Times

経営学部生と共同で企画した化粧筆クリーナーを新発売 近畿大学経営学部山縣ゼミ×木村石鹸工業大学通信 2020.3.19

【本件のポイント】
●老舗石鹸メーカーと学生が、市場調査をもとにニーズと価格を検討し、化粧筆・パフ専用クリーナーを共同開発
●質の良い成分のクリーナーを、学生でも手に取りやすい価格で提供
●化粧筆やパフの汚れが肌荒れの原因になることをPOPなどで注意喚起

【本件の内容】
近畿大学経営学部山縣ゼミでは、「価値創造デザインプロジェクト」と題して、企業をはじめさまざまな組織とコラボレーションし、新たな価値のありかを発見し価値の流れをデザインする実践的な学びに取り組んでいます。木村石鹸工業株式会社(代表取締役社長・木村 祥一郎)は、大正13年(1924年)創業の石鹸メーカーで、伝統的な釜炊き製法を守りつつ、従業員はもとより顧客や取引先、社会などとの関係性構築に重点を置き、近年注目されている銭湯とのコラボ企画を実施するなど新しい価値の創造を次々に実現し、注目されています。
今回の共同開発商品「Laver le pinceau(化粧筆・パフ専用クリーナー)」は、平成30年(2018年)度の共同プロジェクトのなかで1年間かけて企画開発されました。
山縣ゼミの学生は、毎日の生活シーンでどのような商品のニーズがあるかを、周りの学生や30〜40代の知人にヒアリングを行い、出てきたのが化粧筆やパフ等の化粧品道具の掃除事情でした。
すでに化粧筆やパフの洗浄剤は市場にありますが、化粧筆やパフの汚れが肌荒れの原因になることを知らない人が多く、また知っていても、百貨店などで販売されている洗浄剤は価格が高く、逆に安価すぎても品質に不安を感じ購入に至らないという現状がありました。そこで、ドラッグストアやバラエティストアで実際に市場調査を行い、学生でも手の届きやすい価格設定で、品質も安心できる化粧筆やパフの洗浄剤のニーズを狙ってみようと考え、商品化に繋がりました。
学生の意見をふまえて、化粧筆やパフを洗浄後、香り移りがないよう無香料の洗浄液にこだわり、パッケージは生活になじむようシンプルなデザインに仕上げました。
平成30年(2018年)12月に阪急百貨店梅田本店で開催された「おおさかものづくり市」で試行販売したところ、好評を得て今回の数量限定販売が実現しました。

【商品概要】
商品名 :「Laver le pinceau(化粧筆・パフ専用クリーナー 80ml)」
価 格 :811円(税込) 数量限定80個
発売日 :令和2年(2020年)3月23日(月)
販売方法:くらしの丁度品店 by木村石鹸 https://store.kimurasoap.co.jp/ WEB販売のみ
お問合せ:木村石鹸工業株式会社 TEL(072)994-7333

【木村石鹸工業株式会社からのコメント 企画担当者:井藤 祐樹(いとう ゆうき)】
今回の近畿大学とのコラボにより、木村石鹸の中でもポジティブな変化が起こりました。担当した社員は通常、業務用商品の企画営業に携わっている為、家庭用品の商品企画に関わることは初めてでした。普段は携わることのない業務を経験することで、学生たちの懸命な姿に刺激を受け、学生と社員が一から商品開発に携わっていくことで、お互いに初めての経験や学びを得るよい機会となりました。その業界や会社のことをよく知らないからこその捉われない発想力や新たな視点、そして何より失敗を恐れず突き進める若い熱量を持ち合わせる学生だからこそ、企業自身では気づけないことにも気づき、企業単独では難しいことにもチャレンジできると考えています。

【企画開発した学生の声 赤井 優介(あかい ゆうすけ)さん(経営学部経営学科4年)】
石鹸や洗剤といった領域は、薬機法などの法律をクリアしなければならないというハードルがあり、商品企画の段階でアイデアとしては面白くても、実現するのが難しいということがありました。また、商品企画から販売に至る期間の問題に直面し、価格設定や販売の際に、どのようにお客様に買ってもらえるのかを考えるのも、予想以上に大変でした。結果としては、多くの方に興味を持っていただくことができ、今回市販されることになったので嬉しく感じています。

【関連リンク】
経営学部 経営学科 教授 山縣 正幸(ヤマガタ マサユキ)
https://www.kindai.ac.jp/meikan/125-yamagata-masayuki.html
関連URL:https://www.kindai.ac.jp/business/


▼本件に関する問い合わせ先
総務部広報室
住所:〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
TEL:06‐4307‐3007
FAX:06‐6727‐5288
メール:koho@kindai.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像