学生主体で制作した学園イメージソング「For Our Dreams」公開 コロナ禍に疲弊する学生を音楽の力で励まし合う|The大学Times

学生主体で制作した学園イメージソング「For Our Dreams」公開 コロナ禍に疲弊する学生を音楽の力で励まし合う大学通信 2020.4.30

 「For Our Dreams」は、イメージソング制作プロジェクトの学生10人が中心になって制作しました。歌詞は、昨年6月に学生、教職員、卒業生など学園に関わる人たちから募集したフレーズを一つに紡いだもので、一人一人の学園に対する愛着と、未来への希望が込められています。曲は、MISIAの「Everything」など数々のヒット曲で知られる作曲家・ピアニスト松本俊明氏が手掛けています。
 式典や学内行事など様々な場で大々的に披露するための準備を進めていましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大によって行事は延期・中止を余儀なくされ、緊急事態宣言の発令に伴い、大学に登校できない状況が続いています。誰もが先行きの見えない不安を抱える中、歌で互いに励まし合おうと、オンライン授業がスタートしたタイミングでの公開に踏み切りました。
 プロジェクトメンバーとレコーディングに参加したアカペラサークルSing Song Societyがこの曲で自分たち自身と学園の皆を元気にしたいと、For Our Dreamsをオンラインで合唱した動画も公開しました。


For Our Dreams
昭和学園一同 作詞 / 松本 俊明 作曲



青い空見上げて  鐘の音がきこえる
風がそよぐ肩に  光る木の葉が踊るよ

たくさんの出会いと 想い出を抱いて
夢見るあの場所へ  そうさここから羽ばたく

時に悩み 時に迷い くじけそうになるけど
信じてみよう 自分の力を さあ
For my dream

※あふれだした夢と 七色の輝きで 行き先の地図を描き出そう そして
私らしく笑顔で  未来へ進もう Be a light to the world 扉ひらいて

桜舞い散る春 青葉が揺れる夏 秋桜踊る秋 泉に雪つもる冬
かけがえない仲間たちが いつもそばにいるから
信じてみよう みんなの力を さあ
For your dream

雨上がりの空に 七色の橋架けて 世界へと 強く踏み出そうよ そして
私らしく笑顔で 未来へ進もう Be a light to the world 扉ひらいて
For our dreams

※あふれだした夢と 七色の輝きで 行き先の地図を描き出そう そして
私らしく笑顔で  未来へ進もう Be a light to the world 次の舞台へ

夜明けの空に 光射す さあ世界は 君を待ってる


▼本件に関する問い合わせ先
昭和女子大学 広報部
TEL:03-3411-6597
メール:kouhou@swu.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから