[関西外国語大学]語学を学びながら国際交流を展開――関西外大ICCの7i-station|The大学Times

[関西外国語大学]語学を学びながら国際交流を展開――関西外大ICCの7i-station大学通信 2014.7.27

 7i-stationで開講される「ライティングセンター」では、英語担当教員の指導のもと、外国人留学生が「チューター」となり、外大生のライティング能力を向上させるべく、マンツーマンで指導する。学生が自主的に訪れて利用しているほか、教員のアドバイスでやってくる学生も少なくない。
 外国人留学生は指導する立場だが、センターから出れば、外大生が日本語のチューターを務めるなど、語学学修を通した交流が盛んに行われている。また、今年5月には、ライティングセンターによる初の英語エッセイコンテスト“Spring 2014 Essay Contest”が実施された。

 さらに7i-stationでは、学生が企画・運営する“Language Café”が開設される。毎週、英語とスペイン語のほか、ドイツ語、イタリア語、タイ語などのコースを、ネイティブスピーカーの留学生が担当する。文化紹介も含めた学生ならではの楽しいレッスンで、毎回100〜200人が参加する。すべて学生が運営し、各国の留学生たちが競い合ってプレゼンやイベントを実施し、大いに盛り上がる。

 7i-stationの7つの“i”は、international, interactive, innovative, intellectual, im-aginative, independent, inspiring 。

▼本件に関する問い合わせ先
 関西外国語大学
 広報室
 〒573-1001 大阪府枚方市中宮東之町16−1
 Tel: 072-805-2801(代表)
 Fax: 072-805-2868(直通)
 E-mail: press@kansaigaidai.ac.jp
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

チューターの外国人留学生が外大生に、マンツーマンでライティングを指導

タイ語をテーマに開かれた“Language Café