甲南女子大学が10月30日・11月6日にオンライン公開講座「誰一人取り残さない社会にするために〜SDGsから考える〜」を開催|The大学Times

甲南女子大学が10月30日・11月6日にオンライン公開講座「誰一人取り残さない社会にするために〜SDGsから考える〜」を開催大学通信 2020.9.14

【本件のポイント】
・SGDsに興味がある人も初めて聞く人も参加しやすい、身近な暮らしや社会制度を題材にした入門編講座
・2019年度まで対面で行っていた公開講座を、新たな生活様式にあわせてオンラインで初実施
・受講者は、2020年4月新設の国際学部多文化コミュニケーション学科の学びを体験、日々の暮らしに役立ててもらう

 甲南女子大学ではコロナ禍における新たな地域貢献活動の一環として、2019年度まで対面で行っていた公開講座を、新たな生活様式にあわせてオンラインで開講する。今回は「誰一人取り残さない社会にするために〜SDGsから考える〜」と題して、SDGsをテーマに「暮らし」の中から持続可能な社会への参画を考えるとともに、「社会保障」とりわけ年金制度を中心にわが国の社会保障制度を紐解く。
 第1回「SDGs入門 〜『暮らし』の中から考える持続可能な社会への参画〜」は、国際協力における市民参加ボランティアを研究テーマとしている国際学部多文化コミュニケーション学科の高橋真央准教授が担当。第2回の「日本の社会保障〜間違いだらけの年金理解〜」では、国際キャリア論・労働政策を専門とする同学科の林雅彦教授が講師を務める。
SDGsとは何か、私たちの生活とどのような関係があるかを学び、共に考える機会を提供する。概要は下記の通り。

◆2020年度 甲南女子大学 オンライン講座 概要
 「誰一人取り残さない社会にするために〜SDGsから考える〜」
【日 程】 第1回:10月30日(金)、第2回:11月6日(金)
【受講料】 無料
【定 員】 各回150名(先着順)
【申込期間】 9月23日(水)〜各回講座実施日の3日前
【申込方法】
 (事前申込制)
・大学公式HP掲載の申込サイト「こくちーず」から、各講座実施日の3日前までにお申し込みください。
 電話および窓口ならびにメールでのお申し込みは受け付けておりません。
・お申し込み方法は、各講座の申込みから「こくちーず」にてご確認ください。
・お申し込み手続き完了後、申込サイト「こくちーず」からメールにて、受講に必要な情報を送信いたします。
 PCからのメールを受信可能にしておいてください。
・ご受講の前日までにメールが届かない場合は、 kouken@konan-wu.ac.jp までご連絡ください。
【使用ツール】 「Zoom」

<第1回>SDGs入門 〜「暮らし」の中から考える持続可能な社会への参画〜
【日 時】 10月30日(金)15:00〜16:00
【講 師】 高橋真央(甲南女子大学 国際学部 多文化コミュニケーション学科 准教授)
【内 容】
 SDGs(持続可能な開発目標)とは、2030年までに達成すべき国際社会共通の目標として掲げられました。それに応えるように現在私たちの「暮らし」や「地域」の中でも、さまざまな取り組みがなされています。SDGsとは何か? 未来から与えられた私たちの宿題とは何か? 本講座で、皆さんとご一緒に考える機会としたいと思います。

<第2回>日本の社会保障〜間違いだらけの年金理解〜
【日 時】 11月6日(金)15:00〜16:30
【講 師】 林雅彦(甲南女子大学 国際学部 多文化コミュニケーション学科 教授)
【内 容】
 SDGsは開発途上国のためだけのものではありません。少子高齢化が急速に進行する中、わが国の政府はこのSDGsの理念に沿って、世界に先駆けて「日本モデル」の 構築を図ろうとしています。少子高齢化が進む中で最も問題とされるのが社会保障の分野です。とかく誤解の多い年金制度を中心にわが国の社会保障制度を概観します。

▽大学公式HP
 http://www.konan-wu.ac.jp/news/detail.php?id=2960
※申し込みサイトのほか、受講方法、トラブル発生時の対応、注意事項の詳細もあわせて上記URLにてご案内しています。


▼本件に関する問い合わせ先
甲南女子大学 対外協力センター 社会貢献課
住所:〒658-0001 神戸市東灘区森北町6-2-23
TEL:078-413-3811(平日9:00〜17:00)
メール:kouken@konan-wu.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから