大学教員が選手の健康をサポート パフォーマンス向上目指す 広島ドラゴンフライズと連携 -- 広島国際大学|The大学Times

大学教員が選手の健康をサポート パフォーマンス向上目指す 広島ドラゴンフライズと連携 -- 広島国際大学大学通信 2020.9.11

【本件のポイント】
●大学とプロバスケットボールチームの連携
●睡眠改善や管理栄養士の資格を持つ教員が睡眠や栄養の観点から選手をサポート
●広島国際大学健康科学部の新たなスポーツ施設を活用

 近年、スポーツ栄養は広く浸透しており、選手はパフォーマンス向上のために食事・栄養補給について意識を高めています。9月15日、同大学のスポーツラボなどで、心身を整える睡眠改善講習、選手が取っている食事を基にした栄養指導を実施。また、体内の水分量やたんぱく質の量、部位別の筋肉量などを測定し、日々のトレーニングや食事改善に繋げます。

1.実施日時
(1)2020年9月15日(火) 10:30〜12:00
(2)同 17:30〜18:30
2.場所
 広島国際大学 呉キャンパス3号館3階 スポーツラボ ほか
 (広島県呉市広古新開5-1-1)
3.内容
(1)健康科学部長 田中秀樹教授(専門:睡眠学)による睡眠改善講習
  同学部 旭久美子教授(専門:応用栄養学)による食事調査・栄養指導
(2)体成分分析装置、呼気代謝分析装置を用いた各種測定 など
4.対象者
 (1)(2)とも広島ドラゴンフライズ所属選手 各2人

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人常翔学園 広報室
名越
住所:広島県東広島市黒瀬学園台555-36
TEL:0823-27-3102

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから