創立100周年記念 秋の特別展「徳川将軍家を訪ねて -- 江戸から令和へ -- 」徳川記念財団と共催 将軍家で女性によって受け継がれた文化を紐解く -- 昭和女子大学光葉博物館|The大学Times

創立100周年記念 秋の特別展「徳川将軍家を訪ねて -- 江戸から令和へ -- 」徳川記念財団と共催 将軍家で女性によって受け継がれた文化を紐解く -- 昭和女子大学光葉博物館大学通信 2020.10.5

家康と歴代将軍の実績
 10月3日から10月24日に開催される第I部では、幕府を開いた徳川家康と歴代将軍の実績とともに、現代に受け継がれる徳川将軍家を紹介します。徳川家存続に尽力した天璋院と静寛院宮の自筆の書も展示します。

女性によって受け継がれた将軍家の文化
 11月7日から開催される第II部では、近年見直されている大奥での女性の活躍・将軍家の生活に注目し、女性たちの受け継いだ文化を展示します。将軍家の婚礼に係る調度品、女性たちが愛でた人形や愛玩品の数々を展示します。
 あわせて旗本夫人が幕末の政治・経済・風俗・文学などについて批評を交えて記した『井関隆子日記』も公開します。これは本学図書館が所有するもので、日記文学・歴史資料として高く評価されています。

日時:2020年10月3日(土)〜12月5日(土) 11:00〜16:00
  ※日月祝休館
  ※10月25日〜11月6日は展示総入れ替えのため休館
共催:公益財団法人徳川記念財団
入館料:無料
場所:昭和女子大学光葉博物館
  (東京都世田谷区太子堂1-7-57)


▼本件に関する問い合わせ先
昭和女子大学 広報部
TEL:03-3411-6597
メール:kouhou@swu.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから