大妻女子大学食物学科食物学専攻がインターンシップを実施 -- 対面とオンラインを組み合わせ、企業からの課題に取り組む|The大学Times

大妻女子大学食物学科食物学専攻がインターンシップを実施 -- 対面とオンラインを組み合わせ、企業からの課題に取り組む大学通信 2020.10.12

 例年は食品企業や官公庁の試験施設・研究所、スポーツ関連産業、他大学等で実習を行うが、今年度は新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、実施方法や内容を変更し、学内で対面とオンラインを組み合わせて実施した。
 フジッコ株式会社、千葉県ヤクルト販売株式会社、株式会社はくばく、日本ケロッグ合同会社、昭和産業株式会社、カルビー株式会社、株式会社ファンケル、日東富士製粉株式会社、雪印ビーンスターク株式会社、雪印メグミルク株式会社、株式会社マルマサフードら11社の協力のもと、11日間に渡り実施し、総勢61人の学生が参加。グループごとに分かれて企業からの課題に取り組み、商品開発についてのグループワークやプレゼンテーションを行った。


 授業はマスク着用と教室入口での手指消毒を徹底するなど、新型コロナウイルス感染症予防に配慮して実施。例年とは異なる形式となったが、参加した学生たちにとって進路選択について考える良い機会となった。

▼本件に関する問い合わせ先
大妻女子大学 広報・入試センター 広報・募集グループ 
住所:東京都千代田区三番町12
TEL:03-5275-6011
FAX:03-3261-8119
メール:opr@ml.otsuma.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから