北翔大学が令和3年4月に「大学院生涯スポーツ学研究科 生涯スポーツ学専攻 博士後期課程」を開設 -- 地域に根ざした生涯スポーツ振興の指導的役割を果たす人材を養成|The大学Times

北翔大学が令和3年4月に「大学院生涯スポーツ学研究科 生涯スポーツ学専攻 博士後期課程」を開設 -- 地域に根ざした生涯スポーツ振興の指導的役割を果たす人材を養成大学通信 2020.10.31

 今日、人々が生涯にわたってスポーツに親しみ、豊かで活力ある社会を実現することが求められている。
 こうした中、北翔大学では大学院に「生涯スポーツ学研究科 生涯スポーツ学専攻」を設置し、生涯スポーツ社会の発展に資する人材を養成している。

 このたび、氷雪寒冷圏域を中心とした生涯スポーツの推進に向けて、高度な学門的専門知識、科学的分析能力や学術的研究能力を備えた人材を養成し、スポーツ科学・生涯スポーツ学の推進に貢献することを目的に、同専攻に博士後期課程を設置する。「スポーツ科学研究分野」と「生涯スポーツ学研究分野」の2つの研究分野を設け、生涯スポーツ振興の指導的役割を果たす人材を養成。冬季スポーツ選手を中心としたスポーツ選手の競技力向上を目指した医科学的サポート研究や、地域住民の健康寿命延伸・QOL向上に関する研究を進める。
 専任教員はスポーツ科学を専門とし、国内外の学会等で活躍する12名の教員で構成され、うち8名が博士論文を指導可能な研究指導教員である。

◆生涯スポーツ学専攻 博士後期課程
【募集人員】3名
【修業年限】標準修業年限3年(長期履修制度により最長6年まで在学可能)
 ※標準修業年限3年では教育課程の履修が困難な場合、6年間で修学することが可能です(長期履修制度:申請が必要です)。
【教育課程の特徴】
 博士後期課程は「スポーツ科学研究分野」および「生涯スポーツ学研究分野」の2つの研究分野を軸に展開する。
●「スポーツ科学研究分野」
 スポーツの科学的研究手法を教育研究し、スポーツ科学の理論化と高度化を目指す。競技スポーツのパフォーマンス向上のためには、体力向上や運動遂行の最適化が重要であり、自然科学的な分析・評価手法を修得し、エビデンスに基づく運動とトレーニング指導ができる知識や技術を修得する。特に、地域特性を生かした冬季スポーツ種目を中心とする競技スポーツの科学的分析を通し、競技力向上にも貢献することを目的としている。
 スポーツを医・科学の側面から捉え、スポーツ動作の理論化・高度化に貢献する人材を養成する。
●「生涯スポーツ学研究分野」
 人文・社会学的手法や健康科学的手法を用いて、生涯スポーツの理論化・高度化に貢献することを目的としている。氷雪寒冷圏域では、冬季の積雪寒冷により、スポーツ活動の実施を妨げる要因が存在し、住民には独特の健康問題が存在する。こうした諸問題をふまえ、健康で文化的な生活を営み生涯にわたってスポーツを享受するための普及・指導方法並びに健康づくりを推進するための方策を研究。同分野では、これらの学識を明確に備えた上で、生涯スポーツの振興、発展に貢献できる知識や技術を修得する。


大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから