【11月21日(土)、12月19日(土)オンライン開催】創立120周年記念シンポジウム 「コロナ危機をバネに大転換」 -- 東京経済大学|The大学Times

【11月21日(土)、12月19日(土)オンライン開催】創立120周年記念シンポジウム 「コロナ危機をバネに大転換」 -- 東京経済大学大学通信 2020.11.9

【SESSION1:コロナ危機を転機に】
〜新たな都市経済・文化のあり方を有識者と議論〜
 グローバリゼーションの未来や都市の行方に関して、いま多くの人々が憂慮を覚えています。コロナ危機を''転機''にした都市と自然の関係の問い直しを図り、あらたな都市経済・文化のあり方について、環境省の事務次官や日本学術会議の会長を歴任された一流の学者をお迎えし議論します。

・日 時:2020年11月21日(土)13:30〜15:00
・登壇者:司   会 東京経済大学教授  周牧之
     パネリスト 環境事務次官  中井徳太郎
           日本学術会議元会長、豊橋技術科学大学前学長 大西隆


【SESSION2:大学教育と環境】
 コロナ禍で世界的に「キャンパス閉鎖」に追い込まれた大学において、オンラインを積極的に活用した新たな教育や''SDGs''の観点から、社会貢献の胎動が見えてきた、その最前線を議論します。
・日 時:2020年11月21日(土)15:30〜17:00
・登壇者:司   会 東京経済大学教授 尾崎寛直
     パネリスト 東京経済大学学長 岡本英男
           東京経済大学客員教授、元環境事務次官 森本英香


【SPECIAL SESSION:コロナ危機で加速する産業のデジタル化】
〜デジタル社会への切り替わる日本の転換点について議論〜
 コロナ危機は、デジタルトランスフォメーション(DX)の巧拙が企業の明暗を分けるほど、世の中の価値観を一変させてきました。第5世代移動通信システム(5G)の導入により、デジタル社会・基盤の飛躍的発展が想定される日本では、DXの進展が企業の命運を左右すると言っても過言ではありません。この状況下でも、ドラマ『半沢直樹』の制作でテレビ黄金時代を彷彿とさせるような熱気を呼び戻したTBSからホールディングス取締役会長、5Gインフラの整備を進めるNTTグループの重鎮のひとり、ミライト・ホールディングス取締役相談役を迎え、デジタル社会への切り替わる日本の転換点について議論します。
・日時:2020年12月19日(土)16:00〜18:00
・登壇者:司   会 東京経済大学教授 周 牧之
     パネリスト TBSホールディングス取締役会長 武田信二
           ミライト・ホールディングス取締役相談役、NTTドコモ元代表取締役副社長 鈴木正俊


 詳細・お問合せは、東京経済大学Webサイト内特設ページ https://tku-ac120th.jp/ をご覧ください。



▼取材に関する問い合わせ先
 東京経済大学 広報課
 TEL: 042-328-7724
 E-mail: pr@s.tku.ac.jp

▼本件に関する問い合わせ先
東京経済大学創立120周年記念シンポジウム「コロナ危機をバネに大転換」事務局
住所:東京都国分寺市南町1-7-34
メール:info@tku-ac120th.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから