近畿大学水産研究所×入善町×入善漁協の共同プロジェクト 入善海洋深層水を用いて大型で周年出荷可能なサクラマスの養殖に成功|The大学Times

近畿大学水産研究所×入善町×入善漁協の共同プロジェクト 入善海洋深層水を用いて大型で周年出荷可能なサクラマスの養殖に成功大学通信 2020.11.12

【本件のポイント】
●清浄、富栄養、低温安定の入善海洋深層水を活用し、大型のサクラマスを養殖
●このサクラマスは養殖技術によって成熟しないため、大型化して周年出荷も可能に
●絶滅の恐れがある富山県を象徴する魚・サクラマスの希少価値を養殖でさらに高める

【本件の背景】
サクラマスは、富山県の名産品である鱒寿司の原料でもあり、富山県を象徴する魚ですが、準絶滅危惧種に指定されるなど、現在では漁獲量が激減しています。近畿大学水産研究所富山実験場では、その現状を知り、平成23年(2011年)に海水でのサクラマス人工稚魚飼育に着手しました。平成28年(2016年)からは入善町、入善漁業協同組合と共同で、入善海洋深層水パークにおいて入善海洋深層水(日本海固有水)を活用したサクラマスの養殖を開始し、平成30年(2018年)には完全養殖を達成するなど、順調に研究を進めてきました。

【本件の内容】
入善海洋深層水パークにおいて養殖研究を行い、清浄、富栄養、低温安定の入善海洋深層水を活用することで、通常の倍程度の大きさ(3〜5kg)に成長する全雌三倍体サクラマスの養殖に成功しました。
通常、養殖のサクラマスは、ふ化から約1年半で出荷できる成魚になりますが、成熟期を迎える夏季に成長が停滞して肉質が低下するため、6月下旬までに出荷を完了する必要があります。しかし、今回養殖に成功したサクラマスは「全雌三倍体」であり、卵の元となる生殖細胞がつくられず成熟しないため、水温の低い入善海洋深層水を使用すれば6月以降も肉質を保ったまま飼育することができ、大型化と周年出荷が可能となりました。
「全雌三倍体」は、染色体操作と呼ばれる技術を用いて作出され、水産庁から養殖業での利用が認められているものです。普通のサクラマスは二倍体で雌がXX型、雄がXY型の2セットの染色体を持ちますが、全雌三倍体は雌のみに由来する3セットのXXX型染色体を持っています。

【今後の展望】
入善海洋深層水で養殖した大型サクラマスのブランド化と増産をめざし、さまざまな利用方法を検討して、入善町における新しい名産品としたいと考えています。まずは入善町内の料理店等にサンプルとして大型サクラマスを提供してメニュー化を検討していただいたうえで、要望があれば試験販売を実施する予定です。技術的には周年出荷が可能ですが、まだそこまでの生産体制は整っていないため、店舗や消費者の評価をもとに増産と品質向上に取り組み、将来的には入善町の名物として展開したいと考えています。

【近畿大学水産研究所富山実験場】
平成3年(1991年)に開設され、富山湾の水深100m層の清冷な海水を使用して、サクラマスのほかマアナゴ、アユ、アワビなどの養殖研究に取り組んでいます。
サクラマスの研究は、平成23年(2011年)に海水での人工稚魚飼育に着手し、平成24年(2012年)から出荷を開始しました。平成28年(2016年)からは入善町、入善漁業協同組合と共同でのサクラマスの養殖研究に取り組んでいます。

【入善海洋深層水パーク】
入善海洋深層水パークは、平成13年(2001年)に開設された入善町の施設です。水深384mから海洋深層水を取水しており、その取水能力は、135立方メートル/h (3,240立方メートル/日)です。
パーク内の深層水活用施設では、3種類の深層水(原水・濃縮水・脱塩水)を給水することができるほか、深層水関連商品や地元産品の販売、カフェ・休憩スペースや観光情報の提供、深層水を活用した様々な取り組みの紹介など、深層水の利活用に関する事業を行っています。

【関連リンク】
近畿大学水産研究所
https://www.flku.jp/

▼本件に関する問い合わせ先
広報室
住所:〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
TEL:06‐4307‐3007
FAX:06‐6727‐5288
メール:koho@kindai.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから