帝京平成大学薬学部の鈴木達彦准教授が日本東洋医学会奨励賞を受賞 -- 著書『腹診のエビデンス〔江戸版〕』における学術的価値が評価|The大学Times

帝京平成大学薬学部の鈴木達彦准教授が日本東洋医学会奨励賞を受賞 -- 著書『腹診のエビデンス〔江戸版〕』における学術的価値が評価大学通信 2020.11.30

 日本において伝統的に行われていた漢方治療では、治療薬を選ぶ際に腹部を触診したり按圧したりすることで、腹部の状態を観察していた。このような腹診は、江戸時代中頃から現代に至るまで、多くの漢方医がエビデンスを残してきた。


 しかし、江戸時代の腹診所見を体系的に整理したものは今までになく、かつての優れた臨床上の経験は現代に正確に伝わっていなかった。

 このたび日本東洋医学会奨励賞を受賞した『腹診のエビデンス〔江戸版〕』では、今日用いられている全ての保険収載漢方処方の腹診所見を、江戸時代の文献から網羅的に抽出し、今日との比較をしている。


 本書の成果により、今まで生かされていなかった貴重な所見を容易に参照することが可能になり、漢方処方の運用に大いに寄与することが期待される。



▼本件に関する問い合わせ先
学校法人 帝京平成大学 入試課
住所:東京都豊島区東池袋2-51-4
TEL:03-5843-3200

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから