愛知大学 UNHCR WILL2LIVEパートナーズ映画祭2020を12月5日にオンラインで開催 「難民キャンプで暮らしてみたら」(原題:Salam Neighbor)を上映|The大学Times

愛知大学 UNHCR WILL2LIVEパートナーズ映画祭2020を12月5日にオンラインで開催 「難民キャンプで暮らしてみたら」(原題:Salam Neighbor)を上映大学通信 2020.11.27

「難民キャンプで暮らしてみたら」(原題:Salam Neighbor)は、2人のアメリカ人青年の制作チームが、シリア難民が暮らすヨルダンのザータリ難民キャンプで1ヶ月滞在し、難民の日常生活を体験。難民との交流を描いたドキュメンタリーである。
愛知大学は2018年からUNHCR WILL2LIVE映画祭への協力上映会を学内で開いており、今年も学校パートナーズとして上映する。

■UNHCR WILL2LIVE Cinema 「難民キャンプで暮らしてみたら」
 日 時:12月5日(土)13時00分〜15時30分
 方 法:Zoomウェビナー ※「zoom」のアカウント及びアプリのインストール必須
 対 象:学生・一般の方
 参加費:無料・要申込
 申し込み・視聴方法などに関する問合せ:amf20201205@gmail.com 
  ※こちらのメールアドレスより視聴に必要なURL・パスワードを送付


関連ページ
UNHCR WILL2LIVE ムーブメント 2020 | ♯生き抜くチカラ ♯WILL2LIVE
https://unhcr.will2live.jp/


愛知大学公式サイト
<12/5>UNHCR WILL 2 LIVE Cinemaパートナーズ映画祭2020「難民キャンプで暮らしてみたら」
https://www.aichi-u.ac.jp/news/42888

▼本件に関する問い合わせ先
企画部 広報課
住所:名古屋市東区筒井二丁目10-31
TEL:052-937-6762
FAX:052-937-4816
メール:koho@aichi-u.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから