コンビニエンスストアのBGM テンポの速さが売り上げ増に貢献 -- 昭和女子大学|The大学Times

コンビニエンスストアのBGM テンポの速さが売り上げ増に貢献 -- 昭和女子大学大学通信 2020.12.3

 本研究は、コンビニエンスストアにおいて店内で流すBGMのテンポが消費者行動にどのような影響を及ぼすのかについて実験により検討したものです。実験参加者42人にBGMのテンポが操作されたコンビニエンスストアで買い物をしてもらい、購入までの所要時間、購入金額、感情状態、店に対する印象を測定しました。



コンビニ環境ではBGMのテンポが速いと時間あたりの購買金額が増える
 実験の結果、速いテンポのBGMでは、衝動買いが起きやすいとされる感情状態が生じ、時間あたりの購入金額が高くなることが明らかになりました。さらに、衝動性が高い消費者の場合、速いテンポのBGMのもとではより短時間で買い物を済ませることも示されました。一方、遅いテンポのBGMでは、リラックス感が高くなることなどがわかりました。
今回の研究成果により、コンビニエンスストアの店内では、速いテンポのBGMを用いることで時間当たりの売上増加や回転率向上が見込め、店内の混雑緩和やレジの待ち時間短縮といったメリットが生じると考えられます。一方で、遅いテンポのBGMにもリラックス感を高めるという効果があるため、状況に応じてBGMのテンポを使い分けることが有効といえそうです。
 本研究は日本音楽知覚認知学会2020年度秋季研究発表会で学会賞「ポスター発表選奨」を受賞しています。



発表タイトル
「店内BGMのテンポがコンビニエンスストアでの購買行動に及ぼす影響」
池上 真平(昭和女子大学)・森角 香奈子(USEN)・増根 徹(USEN)
発表番号:JSMPC2020-9


▼本件に関する問い合わせ先
昭和女子大学 広報部
TEL:03-3411-6597
メール:kouhou@swu.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから